不動産投資・貯金・節約で富裕層1億円を目指すブログ

将来不安にならない為のお金の知恵、貯金の仕方、効果的な節約方法、不動産投資などでお金持ちになる方法を書いています。

欲しいものを買うのは最後

 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20191104122337j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は欲しいものを買うのは最後というテーマで書きたいと思います。

 

 

 

基本的にお金持ちになった人に共通して言えるのが、

 

 

お金を使い方を間違わなかった

 

 

という事が挙げられます。

 

 

世の中のお金持ちのイメージというのは、高級車に乗って、豪邸に住んで、ブランド品をたくさん保有していて・・・という芸能人のイメージが強いと思いますが、あれは自分自身のブランドイメージを保つ為です。

 

一部本当にそういう生活が好きでしょうがないという人もいますが、実の所、結構大多数が普通の生活をしているものです。

 

 

イメージだけで行動する人というのは、その見た目だけを真似しようとしますので、当然もっと貧乏になります。

 

 

お金持ちになる方法はただ一つ、

 

 

お金を産んでくれるものを買う

 

 

ただこれだけです。

 

 

 

しかしほとんどの人がむしろお金がなくなるものにお金を投入します。

 

 

貧乏な人に限って最新型のスマホだったり、高級車だったり、ブランド物が好きだったりするものです。

 

 

お金を産んでくれるものを買う場合、一般的に資金力が必要になりますが、その為にはまず貯める力は最低でも必要ですし、これすらできない人はそもそもやるべきではありません。

 

要するに自分を律する事ができるかどうかが一番大事なのかもしれません。

営業の経験はした方がいい

 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200510194922p:plain

こんにちは。フミです。

 

皆さんは営業経験をしたことはあるでしょうか?

 

営業の経験はしておいた方が特に独立してやっていこうというなら必須だと思われる経験だと思っています。

 

 

営業と聞くと、つらそうなイメージがあると思いますが、正直その通りだと思います(笑)

 

しかし、他では味わえない達成感を感じる事ができる仕事だとも思っています。

 

 

営業マンに与えられた任務は売上を上げる事です。

 

毎日ノルマの追われている状態が続くのが普通です。

 

その為、やめていく人も多いのですが、私の知っている限り、優秀な経営者は営業経験のある人が多いように感じます。

 

 

理由としては、目標達成能力とコミュニケーション能力だと思います。

 

 

優秀な営業マンはコミュニケーション能力が非常に高いです。

 

コミュニケーションと言ってもただ話し好きなだけではダメで、相手の考えている事をきちんとくみ取れる能力が重要です。

 

そして順序立てて会話ができるという事が挙げられます。

 

逆にイマイチな営業マンは会話が続きませんし、面白みに欠けます。

 

 

そして目標達成能力が高い事です。

 

全員とは言いませんが、優秀な営業マンはやはり数字を持ってきます。

 

数字を達成させるために、いつも色々な事を考えていますし、どうしたら売れるかを常に意識するものです。

 

その癖付けと数字意識が経営者にも生きてくると思っています。

 

 

 

独立すれば売上は自分で上げなければいけません。

 

良いものを作れば大丈夫と思っている人が多いですが、それだけでなく営業力もなければ結局その商品は売れません。

 

また、交渉事も多く発生しますので、会話が成立しないのであれば独立するのは少々考え物です。

 

まずは自分のスキルアップの為にも一度は経験してみる事をお勧めします。

不動産投資をする前に本やブログを読みまくろう

 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200506103916p:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は不動産投資をするなら本やブログを読みまくろうというテーマで書きたいと思います。

 

 

最近YouTubeなどを見ていても、広告に副業関係の宣伝が相当出てきます。

 

それだけ副業関係の需要があるという事だと思います。

 

ただ見ていると相当怪しそうな物ばかりなので注意した方がいいです(笑)

 

 

私の周りでも不動産投資をいつかやってみたいという人がチラホラいます。

 

色々と聞かれる事も多々ありますが、もし本当にやるのであれば、努力なしではハードルがそこまで高くない不動産投資と言えども、成功する事は難しいと思います。

 

 

まずほとんどの人に言える事ですが、サラリーマン気質が浸透してしまっているのか、圧倒的に努力が足りないと思われます。

 

 

私が始めた頃に比べれば、情報量もかなり多くなっていますし、勉強する環境はかなり整備されているように感じますが、それでもやはり足りないと感じます。

 

 

原因の一つに勉強するという投資をケチる傾向にあるのではないかと思っています。

 

 

本などを買えば、確かに一冊1500円前後位はするかもしれませんが、不動産投資は何千万という投資をするわけですから、それに比べれば安いものです。

 

また、2.3冊読んだだけで終わる人も多いですが、誤解を恐れず言えば、100冊くらいは読んだ方がいいです。

 

別に不動産投資に限らず、お金の本、投資の本、経営の本、税金の本など決まっていませんが、とにかく勉強する事が大事です。

 

 

残念ながらほとんどの人は学校を卒業すると勉強する事を辞めてしまいます。

 

勉強というのは何も試験を受かる為、成績を上げる為にやる事だけが勉強ではありません。

 

すべての事が勉強だと思います。

 

 

まず何かをやろうとするのであれば、自分で学ぶ事が重要です。

 

成功している人は基本的に勤勉です。

捨てるべきもの5選

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200413111509j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は捨てるべきものについて書きたいと思います。

 

 

まず考え方として、自分の時間を奪われるものという考え方を持つと良いと思います。

 

時間は有限ですし、限りがあります。

 

そういった考え方をする事で自分の時間を確保し、投資に回せる時間を作るという考え方が重要です。

 

特に時間がないと言っている人にはオススメです。

 

 

1,テレビ

 

最近いつも思うのですが、テレビを見て学ぶことが大分減ったと感じています。

 

視聴者のほとんどは高齢者なのか、そういった方々向けの番組も多いですし、あとはあまりお金のかからないバラエティー、ニュースも視聴率を重視した内容が多く報道されているような気がしています。

 

私は10年以上前に離婚をして困窮状態に陥りましたが、勉強時間の確保の為にテレビを見る事を辞めました。

 

それで何か困ったことがあったかというと何もありません。

 

テレビは時間泥棒だと思います。

 

映画などを見る際にはいいかもしれませんが、それ以外で何となくつけたりするのはやめた方がいいです。

 

高齢者の方々の行動を見ていると、常にテレビを見ているイメージがありますし、通販なども明らかに年配の方、主婦の方をターゲットにした内容が多いので見る価値を感じていません。

 

 

2,着ない服

 

オシャレに気遣っている人は、基本的に服をたくさん持っていると思いますが、個人的には最小限で問題ないと思っています。

 

あまりありすぎると選ぶ時間ももったいないですし、それによって部屋が散らかります。

 

収納が増えれば部屋が狭くなります。

 

また、クリーニングじゃないと対応できない服もできれば避けた方がいいです。

 

個人的には3パターンもあれば十分だと思います。

 

 

3,飲み会の誘い

 

最近は自粛で行けてない人も多いと思いますが、あまり意味のない飲み会は断るべきだと思います。

 

正直な所、ほとんどが意味なく、時間とお金、健康を阻害していると感じています。

 

もちろん有意義な人との関係は大事ですのでいいですが、愚痴大会になるようなものは基本行く必要がありません。

 

 

4,過剰な友人関係、知人関係

 

親しい友人、仲のいい仲間は大事な人達です。

 

ただ、知っているだけ、昔からの知り合いというだけで無理にお付き合いを続けている人を多々見かけますが、こういったものも距離を置く事を考えた方が良いと思います。

 

経験上、久しく連絡をしてくる時には結構な確率でお金関係のトラブルに巻き込まれるケースが多いです。

 

人は成長すれば付き合う人も変わっていきますし、成長すればするほど関係を維持するのが難しくなるものです。

 

だからといって切る必要はありませんし、ちょっと距離をおくというのが大事だと思います。

 

 

5,サブスク

 

最近流行りですが、サブスクリプション、つまり定期的な購入でサービスを受けるものですが、物によってはあまりいい結果を生まないと思っています。

 

代表的な物が動画関係ですが、なんとなく見ないと損をした気分になる為、あまり見たくもないのに無理をして見る場合があるはずです。

 

健康食品関係などもそれに近いものがあると思います。

 

一番の問題点は解約がややこしい場合が多々あるという事です。

 

これに心が折れてそのままにしている人もかなりいるはずです。

 

これではお金だけでなく、時間も奪われている行為ですので、本当に必要なものだけを契約するようにしましょう。

 

 

 

世の中というのはあらゆる手を使ってお金を支払ってもらうように仕向けられています。

 

それが商売ですし、真っ当な事です。

 

だからこそ、自分がきちんと勉強し、考える事が大事です。

お金をかけるべきところ5選

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回はお金をかけるべきものについて書きたいと思います。

 

 

基本的にお金をかけるべきところは、自分の時間を省いてくれたりするものに投資するべきで、これは不動産でも何でも投資という観点から見れば変わりません。

 

 

その中で私が考えるものをご紹介したいと思います。

 

 

 

1、乾燥機、ドラム式洗濯機

 

これらはよくYouTubeなどでもご紹介されていると思いますので知っている方も多いと思います。

 

一番の理由は洗濯物を干す、取り込むという作業が無くなるという事です。

 

その為、一気に乾燥まで行けるドラム式洗濯機が良いという風に書かれている事が多いですが、あくまで同居人数が少ない、もしくは独身に限ります。

 

理由は、洗濯容量に対し、乾燥できる容量は半分くらいの事がほとんどだからです。

 

その為、たとえ10kgの洗濯機でも半分の5kgが乾燥できる量という事になる為、かなり量に制限が出ます。

 

そして電気での乾燥になる為、非常に時間がかかる事も頭に入れておく必要があります。

 

ある程度人数が多い家庭の場合、ガス乾燥機の方が圧倒的にオススメです。

 

まず何と言っても早い。

 

そしてコストが電気に比べても低いというのが挙げられます。

 

どちらにせよ、乾燥器はオススメです。

 

 

2、ハイスペックPC、スマホ

 

パソコン、スマホを持っていないという人はあまりいないと思いますが、持っていても安物のロースペック機種を持っている人がいますが、あまりオススメできません。

 

一番の理由は処理速度の遅さです。

 

とにかくストレスになります。

 

時間も奪われるので、PCは最低でもcorei3以上、できれば5以上は欲しい所です。

 

スマホもCPUがあまり低くないモデル、メモリも最低64Gは欲しい所です。

 

32Gだとあっという間に上限に行ってしまいます。

 

カメラ性能やデザイン優先する場合もあると思いますが、スペック優先すべきです。

 

 

3、Wi-Fi

 

自宅にWi-Fiを引いていない人も結構いるようですが、Wi-Fi環境は整えるべきです。

 

光ファイバーの場合でもルーターが安物だと速度がかなり低くなり、ストレスになります。

 

Wi-Fi環境でなければ、動画などをを見まくれば、かなりの消費量になるはずです。

 

 

4、食洗器、掃除ロボット

 

これは人によるかもしれませんが、大家族でなければ食洗器などもあるとかなり便利だと思います。

 

まず洗い物から解放されます。

 

ただ食器の大きさ、形などはそろえる必要がありますので、食器に拘りがある人は難しいかもしれません。

 

また、お掃除ロボットもあまり大きくない家の場合には非常に便利なものだと思いますが、物をあまりおかないようにできる人というのが条件になると思います。

 

また、古い家で段差が多い場合だと一台では足りなくなる為、考えようです。

 

 

5,ベット

 

最後はベットです。

 

時短とは関係ありませんが、健康を大事にするのであれば、寝具は大事です。

 

良質な睡眠はパフォーマンスを上げます。

 

キチンと清潔な物を使うという事は当たり前ですが、マットレスもあまり交換したことがないという人は検討してもいいと思います。

 

 

 

今回は5つ紹介しましたが、価値観は人それぞれです。

 

ただ、こういった大事な所にはあまりお金をかけず、かけなくていいブランド物や車、見栄などに散財する人が非常に多いように思いますので、投資観点から見てみるといいのではないでしょうか?

学校卒業してすぐ新車は大損?

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20191201172127j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は卒業してからすぐ新車を買うのは大損というテーマで書きたいと思います。

 

 

3月に高校、大学を卒業して、免許をとり車に乗り出す人も多い時期ですが、結構な割合で最初から新車に乗る人がいます。

 

余裕がある人であればそれでも問題ありませんが、そうでもない人でも実行している人が多いです。

 

 

なぜ最初から新車に乗るのが損をするのかというと、

 

 

・任意保険料がかなり高い

 

・ぶつける可能性が高い

 

・維持が大変な場合が多々ある

 

 

という事が挙げられます。

 

 

まず保険ですが、18歳から乗る場合は全年齢を対象にする必要がありますが、この20前後の保険が非常に高額なケースが多いです。

 

特に車両保険は相当なものです。

 

20等級近くても車両保険なしで10万円近く、ありで20万越えというのも珍しくありません。

 

まして新車などの残存価値の高い物を保険加入すれば相当な金額になります。

 

 

そして初心者はかなりの確率でぶつけます。

 

これは技術的な物なので仕方がありませんが、新車をぶつけるよりは中古車の方がまだ精神衛生上よろしいのではないでしょうか?

 

 

また、これもよく見かけるケースですが、最初から新車などを買うと、親に買ってもらうという特例を抜かせば、ローンを組んで払うという事になります。

 

そうなればまだ給与も安い時期にローンと高額の保険料、そしてメンテ費用とお金が飛ぶように無くなっていきます。

 

ローンを組むという事は5年ローンであれば5年間は身動きがとりにくくなるという事を意味します。

 

最初からお金をかけるべきではありません。

 

 

なので個人的にオススメするのは小型車、軽自動車の30万以下などで購入できる車から始めてみるのがいいのではないでしょうか。

 

不安な人もいると思いますが、何台も見に行けばだんだん目利きができるようになります。

格安パソコンはやめておいた方がいい【仕事の機材はそれなりのものを】

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200504184142j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は仕事の機材について書きたいと思います。

 

 

不動産投資をするにあたって必要な機材という事で書かせて頂きましたが、その中でも安い物から高い物まで幅広くあります。

 

 

注意しなければいけないのは安いからとロースペックなものを買ってしまってはいけないという事です。

 

 

代表例はパソコンになりますが、今は本当に色々な物がありますのでどれを選んでいいかわからなくなります。

 

 

あくまで私が選ぶ基準ですが、CPUを重視しています。

 

これは人間で言う所の脳を示しています。

 

ここが優秀じゃないと処理速度がかなり違いますので、ストレスを感じますし、作業速度も大きく落ちます。

 

 

最低でもcorei5以上は欲しい所です。

 

 

最近ではcorei9なども出ているようですが、今の所はcorei7もあれば十分だと感じてます。

 

動画やネットを見ようとして、遅れや止まったりすることが多い場合はここが原因の事が多いです。

 

メモリなども大事な部分ではありますが、これくらいのCPUを使っているパソコンであれば大体はそれなりのメモリが付いていると思います。

 

また、officeが入ってる事も大事です。

 

エクセルやワードは最低でも使いますので、後付けするとなるとかなり高額になる事がほとんどです。

 

価格帯としては最近ずいぶん安くなりましたのでブランドにこだわらなければ10万未満でも優秀な物は買えると思います。

 

スマホタブレットでも大丈夫という人も多くなってきましたが、不動産関係をやるのであれば、やはりパソコンは必須です。

 

 

また、10年前のパソコンなどを未だに使っている人もいますが、作業効率を考えれば交換すべきですし、いざという時にデータが飛んで大変な事になります。

 

必要経費だと思って買い替えをオススメします。

 

 

また、プリンタやFAXなども安い物でいいので揃えましょう。

 

いちいちコンビニに行ったりする手間を考えれば安いものです。

相手の利益を考える【コストカットの考え方】

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20191208104034j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は相手の利益を考えるについて書きたいと思います。

 

 

大家さんをやっていると、利益を増やす方法というのは非常に限られてくるという事に気が付くと思います。

 

 

まず不動産投資は売上の上限がほぼほぼ決まっている事業です。

 

 

自動販売機などで多少の増加は見込めるかもしれませんが、そこまで大きな額ではありません。

 

 

なので利益を伸ばそうとするとコストカットが唯一の手段となります。

 

 

コストカット自体は別に悪い事ではありませんが、行き過ぎたコストカットは首を絞める事になるので注意が必要です。

 

 

私が考える悪いコストカットとは、

 

 

・業者さんに支払う対価をケチる

 

・相手の取り分を削る行為をする

 

 

という事です。

 

普段の生活や、資材の仕入れなどをコストカットするのは全く問題ありません。

 

むしろやるべきです。

 

 

しかし、協力業者さんの利益を搾取する行為は確実に疎遠関係となります。

 

 

相手も商売ですので、儲からない相手とは取引したくありません。

 

 

リフォーム完了した後、クレームをつけて支払わない、もしくは減額交渉をする事や、無償で何かをやらせたり、不動産業者さんの儲けを搾取する行為などは普通やらないと思いますが、よく耳にする事があります。

 

 

その場では何とかまとまったとしても、その後は二度と取引してもらう事はできないと思います。

 

 

確かにそういう事をドライにやっていけばお金は儲かるのかもしれませんが、大事な物を失っていると思います。

 

 

相手と良好な関係を継続するためにも、相手の事を考える事も必要だと思います。

節税するほど融資は出なくなる

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200226185938j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

今回は節税しすぎると融資が出にくくなるというテーマについて書きたいと思います。

 

 

不動産投資をされている人であれば、いつも悩みの種になっているであろう融資ですが、これは節税と融資は正反対の関係だと思った方がいいです。

 

 

まず基本的に赤字の会社には融資は出しません。

 

 

当たり前の事ですが、意外と知らない人が多いようなので書かせて頂きました。

 

 

銀行というのは融資先の財務状況を見て判断しますが、利益の出ていない会社に新規融資をするというのは基本的にあり得ません。

 

 

なので節税を頑張っている人に限って融資が出ないというのはよくあるパターンです。

 

 

自己資金がたくさんあっても、利益が出ていない場合、事業が上手く行っていないと判断しますので、当然融資が厳しくなります。

 

 

では黒字であればいいかと言われれば以外とそうでもないように思います。

 

 

実際には金融機関によって違いがありますので一概には言えませんが、銀行は利益が出ている会社、つまり融資を必要としていない会社に融資をしたがるものです。

 

 

なので黒字は黒字でもあまり利益の伸びがない会社には、融資を通す場合それなりの理由付けを担当者は行わなければいけません。

 

なので必然的に却下される要素が多くなります。

 

 

 

納税をしたくないからと利益を食いつぶすほどの節税をしているのであれば、それは追加融資を受けるチャンスを減らしているとも言えます。

 

なので拡大期には過度な節税はするべきではないと私は考えています。

 

節税するほどお金は減る

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200102120459j:plainこんにちは。フミです。

 

今回は節税について書きたいと思います。

 

 

事業をしていくと一度は思う事がある節税についてですが、結果的に言うと、節税をすればするほどお金はなくなっていきます

 

 

特にお金を増やしたいと思っている人に限ってなりがちです。

 

 

理由としては、納税をする事に対して非常にネガティブな印象を持っており、納税する位なら経費を使うという発想をする傾向にあるからです。

 

 

納税が3割だとしたら、納税すれば7割残りますが、使えば3割減らす為に7割無くなります。

 

 

基本的に儲かれば儲かるほど納税の悩みは出ますが、自己資本を増やしたい、貯金を増やしたいと思うのならば納税しない限り資金が増える事はありません。

 

 

そしてさらに最悪なのが脱税です。

 

 

売上をごまかすのは論外。

 

あとでとてつもないペナルティが来ます。

 

 

経費計上も無謀な事をしていると、基本的にいつかバレます。

 

 

数字の原則をわかっていれば、基本的に利益を出して納税をして始めて資本が増えます。

 

節税対策で保険などもあったりしましたが、こちらも基本的には問題の先送り。

 

最終的に同じ結果になります。

 

 

使うべき経費はケチらず使い、無駄な経費は使わず利益を上げる事で会社は良くなっていくものです。