不動産投資・貯金・節約で富裕層1億円を目指すブログ

将来不安にならない為のお金の知恵、貯金の仕方、効果的な節約方法、不動産投資などでお金持ちになる方法を書いています。

勉強と実践

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200416090422j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は勉強と実践というテーマで書きたいと思います。

 

 

ほとんどの人は学校を卒業して、就職すると勉強する事をやめてしまいます。

 

特に仕事で何かしらの資格を取りなさいといった事がなければ基本的に勉強をしたりすることはほぼないと思います。

 

 

なので日本人の悪い所でもあるとは思いますが、就職=ゴールと見ている人が多すぎます。

 

 

そんな中で危機感を持っていたり、意識の高い人は勉強をしている人もいます。

 

 

それだけで少数派に入ってきますが、実はそれだけでは足りません。

 

 

勉強というのはインプット。

 

実践はアウトプットになります。

 

 

このアウトプットをやらないと何も意味がなく、自己満足になってしまいます。

 

 

これが出来ていない人がめちゃくちゃ多いです。

 

 

断言できますが、経験に勝る知識はありません。

 

 

持論を語っている人がいたりしますし、コンサルタントと呼ばれる人の多くが実践経験がない人が多いです。

 

 

勉強で出来る事には限界がありますし、実際にその通りにならないのがまた現場でもあります。

 

 

そういった空気感、人間関係、雰囲気、独自ルールといったものは勉強では身に付ける事ができません。

 

経験するしかないのです。

 

 

なので勤勉なだけでは上手く行かないというのが個人的な意見ではあります。

先読みをする事でお金が貯まる

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回はお金を貯めたいなら先読みの力が必要という事について書きたいと思います。

 

 

今回お金が貯まるという事で書きましたが、何もお金に限ったことではありません。

 

それくらい先読みは大事だと思っています。

 

 

なぜ先読みをすることでお金が貯まるかというと、

 

 

「突発的な支出」

 

 

が減るからです。

 

 

基本的に突発的な支出、急な出費というのは誰にでも経験があるはずです。

 

 

そして大体高くつきます。

 

 

例えば車の修理だったり、衣服、靴などの破損だったり、冠婚葬祭の服だったりと大体高くついている事が多いはずです。

 

勿論予測できないものもありますが、予測可能なものもあるはずです。

 

そして実は自然にみんなやっている事です。

 

 

主婦の方などは食料品などお買い得な日に買いだめしている事もあるはずです。

 

 

それを他にも応用するだけです。

 

 

靴が傷んできているならば前もって安い時期にストックを買っておいたり、タイヤが傷んでいるのであればシーズンになってから買うのではなく、オフシーズンに買ったり、衣服が必要なのであればオフシーズンに買っておいたりと色々とできるはずです。

 

 

買い物は基本的にオフシーズンに買うのが一番お買い得です。

 

 

しかしほとんどの人が必要に迫られないと行動しない為、結局損をします。

 

衣類などは半額になる事など珍しくありません。

 

 

計画的な人とそうでない人との差がここで生まれます。

 

 

スマホやパソコンなどもそうです。

 

壊れてから慌てると大体損をします。

 

キャンペーンをしている時期に購入すればかなりお得になります。

 

 

高い買い物の車なども3月、4月等の最も動く時期に買えば当然割高になります。

 

 

小さい事ですし、ケチ臭い内容かもしれませんが、こういった計画性を持って行動しているかどうかは、お金に限らずすべての事においてアドバンテージが生まれます。

 

仕事においてもギリギリまでやらない人と前もって段取り組んで計画的にやる人とでは雲泥の差が出ます。

 

 

こういった物は積み重ね以外に方法がありませんので、早く気が付き、始めた人だけがえる事ができるものです。

 

 

購入した物件のセルフリフォーム

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200204113335j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回はちょっと前に購入した物件のセルフリフォームが完了した事について書きたいと思います。

 

 

物件としては築35年少々と古いのですが、メゾネットタイプで駐車場も十分にとれるものだったので客付け可能と判断し、購入に至りました。

 

ただ現状としてはかなり汚い状態でして

 

 

f:id:ycfm:20201127162508j:plain

f:id:ycfm:20201127162542j:plain

 と余りよろしくない状態でして(-_-;)

 

あまりリフォーム費用も使いたくなかったので今回はある程度セルフでやる事にしました。

 

 

f:id:ycfm:20201127162733j:plain

f:id:ycfm:20201127162808j:plain

 

 

今回セルフでやった内容としては、クロス貼替と一部窓枠木部塗装、パッキン関係の交換、照明などの具材搬入のみとしました。

 

あまりやると仕事に支障が出るので^^;

 

クロスはおおよそ200㎡でしたが段取り片付けまで含め1週間ほどで完了しました。

 

大体これだけで20万円位は浮きます。

 

本当はクッションフロアもやることもできましたが、気持ちが付いてきませんでした(笑)

 

 

畳などはフローリング、和式トイレも洋式にといった物はすべて外注しましたのであとは完了を待つだけです。

 

 

素人にしてはまあまあキレイになったかなという感じです。

 

 

ヤニ汚れのヒドイ物件だったので空気が変わった感じすらあります(笑)

 

 

セルフリフォームは確かに経費削減には効果的です。

 

ただ凝りすぎると時間がかかりすぎて機会損失に繋がったり、そもそも時間が取れない人にとってはハードルも高いと思います。

 

そういった総合判断でやるかやらないかを見極めていけばいいと思います。

チャンスをつかめるのは準備をしている人だけ

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200514090653j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回はチャンスをつかめるのは準備ができている人だけだというテーマで書きたいと思います。

 

 

 

成功している人の多くは、こういったチャンスを逃さず掴んでいるように思います。

 

 

チャンスというのは、タイミングだったり、自分の置かれている状況だったりと様々ですが、こういったものは実は誰にでも訪れているものです。

 

 

そんなことはないという人も多いと思いますが、これは事実だと思います。

 

 

大きな話で言えば、今の株価がバブル崩壊後最高額を更新していたり、アベノミクスで景気が良くなっていたりもしていますので、誰でも聞いた事があるネタのはずです。

 

 

これをチャンスととらえられるかどうか、もっと言えば、チャンスに気が付けるかどうかという事になります。

 

 

しかしほとんどの人はこういった情報も聞き流していますし、チャンスとも思っていないものです。

 

 

気が付くためには自分の能力を高めておかなければ掴めません。

 

 

 

また、チャンスに気が付いても、その準備ができていなければ実行する事はできません。

 

 

 

例えばそれを実行するだけの資金力がないといった具合です。

 

 

資本主義である以上、何かを実行する時には資金力が必要です。

 

 

不動産投資で言えば、とてもいい物件が出てきても銀行とのつながりができていなかったり、まだ財務状況がよくなかったり、勉強不足だったりといった要因があったりします。

 

 

こういったものは全て本人のやる気、本気度によって変わってくると思っています。

 

 

 

大人になってから勉強するという人は、驚くほど多いのが実情ですし、事実やっている人はごく少数です。

 

更に言うならば勉強していても役立てていない人はもっと多いです。

 

 

キチンと準備をして、ゴールを明確にしている人だけがそういったチャンスをものにできるのだと思います。

クレジットカードの落とし穴

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20191011114749j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回はクレジットカードについて書きたいと思います。

 

 

最近はネット社会になってきて、買い物もネットで済ませる人も相当増えたと思います。

 

その決済に使われる多くがクレジットカードになります。

 

また、近年ではポイント還元を意識している人も多く、還元率の多いカードを狙ったり、加入してボーナスポイントを貰うなど色々工夫をしている人も多いです。

 

もはや電子マネー、クレジットでの支払いは当たり前になりつつあります。

 

 

 

大分気軽になったクレジットではありますが、落とし穴がないわけではありません。

 

 

特に注意が必要なのは、入会時に大きくポイントバックをしたりしている所は要注意です。

 

 

 

なにを気を付けた方が良いかというと、

 

 

自動リボ払い

 

です。

 

 

これはすべて決済を一括でやっていたとしてもすべてリボ払いになってしまうという怖いものです。

 

 

カード入会時にきちんと説明書きがあったりしますし、約款なども読めばわかるのですが、多くの人がこういった行為をせず、気軽にポンポン進んでいる傾向があります。

 

 

その為、最初からチェックマークが入っていたりする場合には、そのまま設定になってしまい、気が付かないまま大きな借金を背負っている事になりかねません。

 

ポイント欲しさにカードで切っていても、利息が莫大になるので全く意味がありません。

 

 

また、小さいお店によくある事ではありますが、カード支払いの場合、手数料が別途かかる場合があります。

 

カードの還元率がいいからと言って、手数料10%とか取られていたら何の意味もありません。

 

何でもかんでもカードがいいわけではありません。

 

 

基本的にわかりにくい物ほど何かが隠れているケースが多いですので、きちんと約款や説明書きは見るようにした方がいいです。

 

 

半数以上が貯金100万以下【失業=破綻状態】

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200102120459j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は半数以上が貯金100万以下であるというデータについて書きたいと思います

 

 

ovo.kyodo.co.jp

 

 

こちらのデータによると、貯金が100万以下という人が53%にも上る事がわかりました。

 

その内訳を見てみると、

 

f:id:ycfm:20201122113556p:plain

 

 

2割ほどの人が、10万以下という結果が出ています。

 

 

これは貯金ではなく、給与などが入ってきて、そのランニング状態の時の金額にすぎませんので、実質0とみなせます。

 

100万近くの方もいますが、少ない給与から貯めているというのが実情だと思います。

 

 

つまり失業したりすると結構な数の人がその瞬間から生活に困るという人が多いという事がわかります。

 

 

また、平均貯蓄が300万ほどと出ていますが、中央値は100万ほどと出ています。

 

 

f:id:ycfm:20201122113421j:plain

 

中央値の方がよりリアルな数字になります。

 

平均は一部の富裕層が平均額を押し上げている可能性がありますし、事実そうだと思います。

 

つまり今の日本は貯金がない人が大半と、数%の堅実に頑張ってきて資産を築いた人で貯蓄がある人という二極化が進んでいます。

 

この図を見れば一目瞭然です。

 

 

そして難しいのが、決して給与が低い人だけが貯金がない人とは限らないという事です。

 

 

つまり給与が高い=貯金があるというわけではなく、自身の管理能力という事になります。

 

 

日本人は貯蓄体質と言われていますが、現代はそうでもないような気がしますし、実際データを見てみるとより確信を持てます。

 

 

頑張っていないとは言いませんが、今の現状に危機感を持っていない人も多いと感じるのもまた事実です。

 

 

日本は物価が安いから低賃金でも生きていける、だから責任のある仕事はやらない、昇進にも興味がない、仕事の時間でプライベートをなくしたくないという最近よく聞くワードではありますが、それが通用するのは今の内だけかもしれません。

 

 

車などの価格を見ればわかるように、世界的には物価がどんどん上がってきています。

 

そんな中でいつまでも低コストでやっていけるわけはないと思います。

 

 

いずれそういった事になったときに慌てても時すでに遅しです。

 

 

資産形成は時間との勝負です。

 

稼ぐのも時間がかかります。

 

いかに早く始められるかが今後生き残っていけるかどうかを分けるのではないかなと最近思います。

スタッドレスタイヤを安く買う方法

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20201121164805j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回はそろそろ考えているであろうスタッドレスタイヤについて書きたいと思います。

 

既に交換されている人も多いと思いますし、雪が降ってから変えるという人もいると思います。

 

私は寒くなってから作業するのが嫌いなので11月はじめには交換してしまいました(笑)

 

 

肝心なテーマですが、車を買い替えたり、いよいよタイヤ自体の交換の時期だったりするとタイヤ代の支出は痛いものです。

 

なるべく安く買いたいと思い、お店を回っている人も多いのではないでしょうか?

 

 

私個人的な意見ではありますが、タイヤに関して言うならばネット購入が最も安いです。

 

 

私はヤフーショッピングを活用する事が多いですが、それ以外にもたくさん種類はあります。

 

 

3割位安いのは当たり前ですし、下手すると半額になることすらあります。

 

 

 

 

タイヤのサイズなどの見方がわからない人は調べて貰えればすぐわかりますが、例えば、

f:id:ycfm:20201121165632j:plain

みたいな感じだと、幅215 扁平45 18インチ という意味になります。

 

それに適合するサイズであれば基本的には問題ありませんし、後は性能などは各メーカー色々とありますのでお好みになると思います。

 

 

私はタイヤが届いた後はカー用品店に持っていき、剥き替えとバランス、廃棄をお願いしていますが、お店によって金額がまちまちですので調べた方がいいです。

 

 

 

 

また、軽自動車であればサイズが小さく、元々タイヤの値段が安い事もありますが、ネットだとホイールセットで購入してもほぼ同じ値段になる事があります。

 

 

タイヤホイールセットであれば車屋さんに持っていき、作業してもらう必要もない為、比較的楽だと私は感じます。

 

 

ただ、ホイールはオフセットなどの適合がありますので、きちんと調べて、自信がない方は車屋さんで購入するのがベストだと思います。

 

多少車が好きな人であればわかる範囲の事だと思いますので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

成功している人の勉強量

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200625103554j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は成功している人の勉強量について書きたいと思います。

 

 

上手く行っている人を見て思うのは、才能があった、資産があった、環境がよかった、時代がよかったなどといった外的要因、もしくは潜在的な要因で成功しているととらえられがちです。

 

確かに才能もある程度必要だとは思いますが、成功している人は相当な勉強量をこなしている人が大半だと感じています。

 

 

不動産投資で言うならば、例えば関連の本を2、3冊読んで勉強した気分になっている人が多いと思います。

 

 

しかし上手く行っている人は100、200冊という桁で勉強をします。

 

 

当然それだけでなく、日々疑問を持ち続け、すぐに調べるという行動力の速さもあります。

 

私ですら不動産関連、お金関連の本は300冊は読んできたと思います。

 

 

つまり上手く行っている人と、上手く行っていない人の差は圧倒的な努力量の差が大きな差だと思っています。

 

 

今まで大なり小なり成功している人を見てきましたが、努力家でない人はいなかったと思います。

 

 

そういう人は例えば何かを成しえようとしたときには、必ず結果を持ってきます。

 

 

結果を持ってくる人は努力しなければ持ってくる事はできません。

 

 

結果が出ていない人の多くは、今までの生活はキープしながら余った時間を努力時間とすると思いますが、私の場合はその時間を確保するために、ほとんどの娯楽を排除して取り組みました。

 

余った時間でやったことは、やはり圧倒的に時間が足りません。

 

なのでその為に効率化を図り、飲み会、娯楽、テレビ、ネット、趣味などといったものをほぼ排除し、仕事に関してもできる限り最大効率で動くようにしました。

 

そういった積み上げがあったからこそ、今があると思っています。

 

 

努力量=自分の本気度という図式も成り立ちますので、指標にして頂ければと思います。

大卒内定率急落

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200328103336j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は大卒の内定率について書きたいと思います。

 

 

先日このような記事がありました。

 

www.yomiuri.co.jp

 

大卒の内定率が2015年以来ぶりの急落となり、70%を切ったとの事でした。

 

推移を見てみると、

 

f:id:ycfm:20201119130607j:plain

 

もともと高くはない内定率ではありますが、ずいぶんと下がったなという印象です。

 

7割を切るという事は100人中30人は仕事をしていない可能性があるという事になります。

 

せっかく高いお金を出して大学にまで行ったのに、あまりに悲しい結末とも言えます。

 

 

コロナショックで収まったかのように見えた経済状況ですが、実は収まっておらず、危機意識が企業に広まっており、採用控えや内定取り消しなどが相次いでいるようです。

 

 

先行きが見えにくい状況ではありますが、今できる事と言えば、既に勤めている人は頑張ってまずはそこで働く事だと思います。

 

今転職するのはあまり賢いとは言えません。

 

そして副業などを考えて副収入を得られるようにしておく事も大事です。

 

 

また、これから就職をするという人は、少しでも自分の武器を作っておく事が大事です。

 

専門的な資格を取ったり、知識を身に付けたりするのもいいですし、アルバイトなどを積極的にやって社会経験を積む事も大事です。

 

特にアルバイトに関して言えば、やはり経験から得られる知識以上のものはありません。

 

勉強だけしてわかったようにしている人ほど、使えない人はいないからです。

 

 

今までは売り手市場だったかもしれませんが、これからは買い手市場になってくると思われますので、今までのような感じではいかないと思われますので、それ相応の準備が必要です。

多くの人が自分の事業を把握していない?

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20191117104336j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は事業実態の把握について書きたいと思います。

 

 

不動産関係に限らず、多くの個人事業者の方が意外と自分の事業実態を把握していない事が多いなと感じる事があります。

 

大企業となれば、専門の方もついているでしょうからまたちょっと違うのかもしれませんが、個人事業、ないしは中小企業レベルだと、社長、オーナーが事業の把握をしていないのは致命傷になりかねません。

 

ですが、実態としては社長さんがどんぶり勘定なパターンはかなりあります。

 

 

特に数字把握となると苦手な人が多い感触です。

 

 

いくつか例を挙げますと、

 

 

 

【売上が入ると使ってしまう人】

 

ちょっと大きい仕事が入ったり、上手くまとまった時に大きい買い物をしたり、散財したりして、税金を払えなくなるという人が少なからずいます。

 

納税資金はプールしておかなければいけません。

 

また、会社のお金なのに私的流用している場合も多くあります。

 

この場合、融資などを受ける際にあまり良くない事になります。

 

 

 

【損益、バランスシートを理解していない】

 

これも多いと感じますが、自分の会社の利益状況を把握していない場合があります。

 

そして決算間近になり、利益が出ていると何とかしろという指示をするパターンが多いです。

 

この時点で利益予測をしていない事がわかります。

 

また、貸借対照表、通称バランスシートともいいますが、自分の会社の体力を示す指標です。

 

これを把握していない為、銀行から融資を得る時に苦労する事が多いです。

 

また、利益をつぶす事に一生懸命な人は、自己資本が上がらず、体力のない会社のままである事が多いです。

 

ゆえに不動産投資の場合、融資を得続ける事が難しくなり、規模拡大が出来なくなります。

 

 

 

減価償却を理解していない】

 

減価償却は実際に出ていかない経費という事で知られている事ですが、資産を売却したりした際には結局トータルで見れば同じになります。

 

例えば1000万で資産を購入し、減価償却をして1円になり、999万9999円は経費になり、利益の圧縮になったとします。

 

その後同じく1000万で売ろうとした場合、償却した分資産価値は下がっていますので、999万9999円が売却益となり、結局同じくらいの税金を支払う事になります。

 

累進課税やその時の利益状況で多少差はありますが、原理原則として利益の前借をしているだけという認識が成り立ちます。

 

また、不動産投資の場合、対応年数切れの物件の場合、短い期間で償却をとる事ができますので、最初の5年位まで利益が出にくい状態が続きますが、償却が終わった後利益が増えますので、トータルで見ればこちらもあまり変わらないという事になります。

 

 

 

一部ご紹介しましたが、こういった現象はよくある事ですので、自分の事業実態を把握する事は経営者として最低限やらなければいけない事です。