不動産投資・貯金・節約で富裕層1億円を目指すブログ

将来不安にならない為のお金の知恵、貯金の仕方、効果的な節約方法、不動産投資などでお金持ちになる方法を書いています。

2割の富裕層と8割の貧困層【2対6対2の法則】


 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

今までの日本社会というのは、日本人皆中間層といった社会でした。

 

国や会社が守っていてくれたからです。

 

なぜこうなっていたかと言えば、経済の発展と人口増加が望めた為です。

 

しかし、現在の日本は経済的に大きな発展というのは難しい状態にあり、尚且つ人口減少、高齢化が著しくなってきているのが現状です。

 

となれば、システムが変わっていくのは必然と言えます。

 

今までは2割の富裕層、6割の中間層、2割の貧困層といった状態でしたが、これが中間層がいなくなり、8割貧困層となっていくとみています。

 

しかしこのことに気が付いている人は本当に極少数です。

 

 

格差社会と言われて久しいですが、ここ10年で本当に世の中が激変したと思います。

 

 

年功序列が廃止になり、非正規雇用の増加、退職金の廃止などにより、普通に働いているだけでは収入が増えない時代となっています。

 

そのため、年齢を重ねれば重ねるほどその事実を目の当たりにすることになります。

 

その人たちのいうのは、その時代の流れをわかっていない人たちです。

 

 

物事というのは、目の当たりにした時には時すでに遅しということが大半です。

 

先手を打った人間だけが生き残ることができます。

 

 

逆を言えば、チャンスが広がった時代でもあると言えます。

 

 

情報を得るのはたやすくなりましたし、勉強しようと思えばいくらでもできます。

 

いつの時代も本人のやる気が一番重要ということです。

ギバーとテイカー


 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200510194922p:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

よくギブ&テイクという言葉を使うことがあります。

 

ギブ=与える、テイク=貰うといった内容のものですが、世の中を見ていると、テイクの人が本当に多い気がします。

 

代表例なのが、困ったりすると何もしてもらっていないという精神の人です。

 

トラブルが起きた時に自分で動こうとせず、だれかが助けてくれるという心持の人が非常に多いです。

 

受け身の人というのは、つまり行動できない人ということになりますので、現状から脱出することはできません。

 

 

逆にギバーの人というのは、特に見返りを求めるわけでもなく、教えてくれたり、助けてくれたりする人のことを言います。

 

成功者の人に多い気がしますが、マナー的な部分でいえば、してもらったら感謝を返すというのが普通だと思います。

 

しかし、かなりの人が自分のことしか考えておらず、それどころか、たまにギブをしただけであの人はさっぱり返してこないといった不満を持つ人が多いです。

 

これはギバーではなく、テイカーです。

 

 

自分のことだけを考えている人は、やはり人は付いてこないと思います。

常識を疑え


 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200625103554j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

世の中には常識と呼ばれるものが数多く存在します。

 

常識とは、

 

「大多数の人がそう思っていること」

 

という認識で私は考えています。

 

 

つまり少数派の人間になるためには、常識を疑ってかかる必要があります。

 

 

・今までこうやってきたんだから

 

・こういうものなんだ

 

・みんなやっている

 

 

こういった言葉は皆さん一度は聞いたことがあるはずです。

 

 

しかし今回のウイルス騒ぎで浮彫になったところが多くあると思っています。

 

 

・飲み会はやるものだ

 

・結婚式、お葬式は大規模に

 

・会議は集まって

 

 

こういったものの多くが今自粛となり、それで問題なく推移してしまっています。

 

 

これと同じように、

 

 

・みんなが持っているから自分も持つ

 

・みんなが危ないというからやめておく

 

・みんながそういうから自分もやる

 

 

といった考え方も少数派になるには捨てなければいけない考え方です。

 

 

大多数の人が豊かであれば問題ありませんが、大多数の人がお金に困っているのであればそれに合わせるということはその道に行くということです。

高年収の人ほど貧乏だったりする


 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200416090422j:plain

こんにちは。フミです。

 

 

サラリーマンで年収800万、1000万ともなると、高年収に属します。

 

年収1000万円プレイヤーという言葉があるくらいですから、それだけ憧れの存在なわけです。

 

 

しかし、なぜかそういった人でも多くの人が財政難で貯金なし、資産なしといった状態になっている人が少なくありません。

 

 

年収別手取り金額を一覧にしてみてからの居住費を考えてみる - FP ...

 

 

 

まず理解しておかなければいけないのは、年収と手取り額が違うということです。

 

至極当たり前のことなのですが、結構わかっていない人が後を絶ちません。

 

 

それだけ給与明細の手取りの部分しか見ていないことがわかります。

 

 

実際1000万円の収入がある人でも720前後くらいの手取りになってしまいます。

 

これは社会保険料、年金、税金などがありますので、仕方がありません。

 

 

問題なのは自分が高所得だという自覚を過信していることにあると思っています。

 

 

高年収の人の生活はちょっと贅沢をすればもう厳しいです。

 

 

いいマンション、いい車、私立学校、毎回外食・・・といった生活をしていけばあっという間に火の車になります。

 

なので高所得なんだからいい生活をしようと思った瞬間苦しくなる可能性があるということを自覚した方がいいと思います。

 

 

手取り50万でも50万の支出があれば、それは貧乏です。

利益が出ていても、お金がなくなると会社は潰れる


 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:ycfm:20200504185743j:plain


こんにちは。フミです。

 

 

売り上げが好調だったり、利益が出ている会社は潰れることはないと思っている人は多いと思います。

 

実際大事なことですし、増収増益は継続的に拡大していくためには必要なことです。

 

 

だからといって会社がつぶれないかと言われるとそんなことはありません。

 

 

会社がつぶれる理由はただ一つ。

 

 

お金が無くなること

 

 

です。

 

 

増収増益でも資金繰りがきつい会社というのはたくさん存在します。

 

結局のところ、支払いができなくなったり、税金が払えなくなればそれで終わりです。

 

 

会社を運営していくのであれば、お金は命の次に重要なものです。

 

 

建築業などの場合、対価が支払われるのが後になることが多いのはよくご存じだと思いますが、その間の経費負担はすべて自社で補う必要があります。

 

なので発注が多くなればなるほど資金繰りがきついというジレンマに陥りやすいと言えます。

 

 

また、無借金経営をしている会社さんに多いのがいざというときにお金を借りることができず倒産するというのもあります。

 

以前も書きましたが、銀行は返済実績にお金を貸します。

 

そして好調な時にお金を貸し、不調になると貸さなくなります。

 

なのでいざというときに取引先の銀行があるのとないのとでは雲泥の差があると言えます。

 

 

多少の収益が入ったからと言ってむやみに使ったりするのはよくない事だと気が付くべきです。

銀行は順調な会社に貸すのではなく、返済実績にお金を貸す


 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200514090653j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

昨今融資に苦労している人が多いと思いますが、銀行取引について個人的な見解を述べたいと思います。

 

 

いつでもお金を借りることができる人というのはどういう人かというと、

 

・お金をたくさん持っている

 

・売り上げが好調な会社

 

・高属性の人間

 

といったようなものが多いと思います。

 

 

たしかに一理あると思いますが、本当のところはちょっと違うと考えています。

 

 

銀行が最もお金を貸したいところは、

 

 

 

返済実績のあるところ

 

 

 

というのが正しいと考えています。

 

 

基本的に銀行というのは保守的です。

 

なので新規取引をする際が最もハードルが高いと言っても過言ではありません。

 

そして間違いなく返済をしてくれるかどうかが最も重要な要素となります。

 

保証協会付というのも、ある意味信用があまりないという意味にもなります。

 

 

プロパー融資を得て、それを長い年月をかけて返済の実績を作ることで、信用を積み上げていくことが継続した銀行融資を得続けるポイントと言えます。

地域によって投資方法は異なる


 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200625103554j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

投資をする上で大事なことは、採算が見込めるか、勝算がどれだけあるかといった数字的判断が重要になります。

 

シンプルに言えば、投入した金額よりも大きくならなければ、それは投資ではないと考えています。

 

ですが、この数字的な感覚が強くない方が結構多いです。

 

 

不動産投資でいえば、関係のある本はたくさんあり、中古、新築、木造、RC、戸建て、アパート、駐車場等々、たくさんの種類があります。

 

それを参考にすることは非常にいいことです。

 

問題なのは、それを自分と置き換えて考えられないことです。

 

 

自分の住んでいる場所、資金力、属性等々人によって様々です。

 

 

特に住んでいるところで家賃も違いますし、土地の単価、建築業者、リフォーム業者、不動産業者などの量も全く違います。

 

 

大事なことは得た知識を自分のエリアに当てはめて勝算があるかどうかを見極める力が重要になります。

ゴミを溜めこむ人はお金がない

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

f:id:ycfm:20200328103336j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

お金がきちんと貯まる人の特徴として、ごみを溜めこんでいないというのが挙げられます。

 

正直何となくわかることではあるかもしれませんが、よくよく観察してみると、やはり間違いないと思います。

 

 

ゴミを溜めこむ=捨てるのが面倒

 

ゴミが増える=管理ができていない

 

ゴミが捨てられない=いつか使うかもしれない

 

 

こういった理由が主なものだと思います。

 

 

決定的なのは、捨てるのが面倒という精神です。

 

これは基本的なところがすべてめんどくさいという考えがあるため、今目先のことだけを見ており、長期的視点を持ち合わせていません。

 

今良ければいいという考えなので、当然貯金なんて考えはあるはずもなく、欲求に負ける人がほとんどです。

 

長期的に考えることができる人であれば、捨てないことによって後で非常に面倒なことになるというのは誰でもわかるはずです。

 

特に食べ物が入った容器などを放置すれば悪臭や雑菌などの温床になり、除去に多大な時間と労力を費やすことになります。

 

 

ゴミが増える人、捨てられない人も同じようなことが言えますが、使いもしないものを買ったり、処分しないのは、その保管スペースを取るという認識がありません。

 

そのスペースにもお金が発生しますし、余計なホコリなども溜まり後々大変になるのは目に見えています。

 

 

結局のところ、長期的視点を持ち合わせていない人というのは何をやっても続かない人なので、まずはこういったマインドから変えていく必要があります。

 

 

 

ベランダは腐りやすい


 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20191130112209j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

アパートでも住宅でも購入する際に気を付けた方がいい箇所があります。

 

その一つはベランダです。

 

 

木造の場合、ベランダが鉄製か木製かどちらかだと思います。

 

特に木製だと、中古物件の場合結構傷んでいることが多いです。

 

 

構造上、どうしても水を溜めやすい形状をしていますので、侵入を防止するために防水シート、もしくは防水塗装を施してあります。

 

しかしこれも経年劣化が進むと効果がなくなり、ベランダに水が浸入してしまうようになります。

 

そうすると腐食が始まり、最悪落下します。

 

 

なので、ベランダに関しては定期的に防水処理をするようにしないと、建物が傷む原因になります。

 

 

以外と見落としがちなところなので、注意が必要です。

一日に使えるお金の額には限界がある


 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

 

 

こんにちは。フミです。

 

 

これからお金を稼いでリッチな生活をするんだと頑張っている人もいるかと思います。

 

私も若い頃は物欲の塊でしたので、その気持ちはよくわかります。

 

しかし、実際に蓋を開けてみるとあることに気が付きます。

 

 

そんなにお金使わないよね・・・

 

 

という事実です。

 

 

これには語弊があるかもしれませんので一応書きますが、高級ブランド品や高級車、不動産などは抜いて考え、普段の生活の話になります。

 

物を購入するという考えで行けば、確かに青天井に使うことはできるかもしれませんが、実際生活していく上では、一日で使う金額はそこまで高くないことに気が付くはずです。

 

一日1万円で生活するとなれば、特に問題なく暮らせると思いますし、2万ともなれば、結構リッチな暮らしができます。

 

なのである程度になってくると、稼ぐのが目的になるとモチベーションが失われやすいというジレンマに陥ります。

 

 

生きていく上ではそこまで大きなお金が必要ではありませんが、なければ非常に苦しい生活を強いられます。

 

なので最初は稼ぐことが目的なのは当然のことです。

 

 

その後はそれだけを目的にするのではなく、何か別の目的を作るようにしないと、なかなか継続していくのは難しいのではないかと思います。