不動産投資・貯金・節約で富裕層1億円を目指すブログ

将来不安にならない為のお金の知恵、貯金の仕方、効果的な節約方法、不動産投資などでお金持ちになる方法を書いています。

壁紙の貼替はそんなに難しくない【自粛時だからできる事を】

 

f:id:ycfm:20200204110157j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回はクロスの貼替について書きたいと思います。

 

何となく壁紙の貼替はハードルが高いイメージだと思いますが、そこまで言うほど難しくはないです。

 

勿論職人のような出来上がりにはならないと思いますが、自分でやっても結構満足度は高いと思います。

 

目次

 

 

手順1 今貼ってある壁紙を剥がす

 

まずは壁紙を剥がしましょう。

 

下紙を残した状態で剥がす事がポイントです。

 

結構面白い位剥がれるはずですので、まずはやってみましょう。

 

 

手順2 壁紙を少し大きめに切る

 

次に貼り出す壁紙を実際の寸法よりも少し大きめに切ります。

 

ここでギリギリにしてしまうと色々と難しくなりますので、5cm位は余裕を持って切った方がいいです。

 

次に糊付けとくるのですが、面倒であればこちらのサイトから買えば糊付け状態で買う事ができます。

 

www.diy-shop.jp

 

必要な材料、道具などもセット販売しているものもあるので、最初の人には便利だと思います。

 

私も糊付け機は持っていないので、糊付けしてある状態のものを買っています。

 

 

手順3 空気を抜き、端を切る

 

ここが一番難しい所かもしれませんが、平面であればそんなに難しくありません。

 

右手を基準にして張り出し、その後、撫でバケで空気を抜きながら貼りつけます。

 

空気を抜いたらヘラで隅を出し、地ベラを当ててカッターで切ります。

 

ポイントはカッターの刃はしょっゆう折る事をお勧めします。

 

出来栄えはカッターの切れ味で決まると言っても過言ではありません。

 

ちょっとでも切れ味が落ちたら刃を折りましょう。

 

 

手順4 最後にノリをふき取る

 

最後に周辺についたノリを濡れたスポンジとタオルでふき取ります。

これを怠ると、あとでカビが生える原因になりますので、きちんとふき取りましょう。

 

 

まとめ

 

これだけではなかなかわからないと思いますが、さきほどのサイトに手順掲載されていますので、参考にしてみるとより分かりやすいと思います。

 

何事もチャレンジしてみる事が大事です。

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

売上が上がらないと固定費の高さが響く【非常事態宣言発令】

f:id:ycfm:20200111203810j:plain

こんにちは。フミです。

 

先程ついに首相から非常事態宣言が出されました。

 

これにより、都道府県知事による権限が大きくなり、色々な制限を掛ける事が出来るようになります。

 

しかしながら昨今の外出自粛要請に伴い、様々な店舗が苦しくなってしまっています。

 

何とか早く収束してほしいものです。

 

目次

 

 

不景気になると固定費の高さが響く

 

昨今の売上減少により、様々な職種が被害を受けています。

 

また、そこに働くスタッフも当然被害を受けています。

 

飲食店などの場合、アルバイトやパートの方が多い為、収入が途絶えてしまい、死活問題になってしまいます。

 

こうなったときに響いてくるのが、固定費の高さです。

 

店舗でも、都会であれば家賃は高額ですが、人口の多さから可能性があります。

 

田舎は逆に家賃は安いですが、人口が少なく、流動が期待できません。

 

都会の場合、売上が良いときはいいのですが、悪くなるとこの固定費の高さが首を絞めてきます。

 

固定費だけはどうしても支出してしまうものですし、一度契約してしまうと、そう簡単には減額したりするのが難しいです。

 

よく好調企業が大きな自社ビルを建てると経営が傾くと言われていますが、まさにそうだと思います。

 

個人でもそうで、給与がいいからとそれなりの生活コストをかけていれば、逆風が吹いた時に一気に苦しくなります。

 

年収が高い人ほどこの傾向は高いです。

 

 

元々固定費が少ないと非常に楽

 

逆に元々固定費が少なければ、非常に楽になります。

 

会社であれば事務所家賃、人件費、光熱費、通信費などのコストがあまりかかっていないと意外とつぶれないと思っています。

 

今にもつぶれそうな飲食店がなぜかつぶれないというのはまさにこのせいだと思っています。

 

個人でもスマホ代、家賃、車、保険などの固定費を抑えておく事でいざという時にグッと楽になりますし、好調な時には余力が蓄えられていきます。

 

 

不況時は自己資本が重要

 

不況になると最終的には自己資本が会社の明暗を分けると言っても過言ではないと思います。

 

元々綱渡りのような経営をしていると、いざ歯車が狂うと一気に持って行かれます。

 

なので銀行融資がきつくなった時に、買取転売業者が一気に厳しくなったのはそのせいです。

 

身の丈にあった運営をするというのは非常に大事な事です。

 

なので自己資本比率というのは大事にておくべきです。

 

 

まとめ

 

いつまで続くかわからない不透明な時期ではありますが、やれることをやるというのが一番なのかもしれません。

 

結局できない事を嘆いていても何も始まりません。

 

今できる事を考える事で前進できるのではないでしょうか。

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

自粛ムードの時に何をするかが大事

f:id:ycfm:20191114224225j:plain

こんにちは。フミです。

 

日増しに感染の話題が増加していくような気さえするコロナウイルスですが、最近では外出自粛要請をだされているので、より制限が出たように思います。

 

引きこもりになってしまいがちな状態ではありますが、そんな時にでもどういった対応をとっていくべきなのでしょうか。

 

目次

 

 

こういった状況をプラスに捉える事もできる

 

ちょっと語弊がありそうですが、こうした状況は普段とは全く違った環境になっているはずです。

 

確かに自宅待機が増えているのでストレスもたまるかと思いますが、個人的にはそんなに出かけたりするほうでもないので、あまり苦ではなかったりします(笑)

 

しかしそれでも仕事の制限だったり、プライベートの制限はありますので、不自由を感じないと言われればウソになります。

 

そういった状況の中でも、逆の発想で時間を確保する事ができる期間ととらえるのもいいと思っています。

 

普段まとまった時間が取れないのが普通なので、この機会に思い切って

 

 

・資格試験の勉強に取り組んでみる

 

・今までやったことのない事をしてみる【外出以外で】

 

・自宅の整理をしてみる

 

・自宅で筋トレ、ダイエットに励んでみる

 

・読書をたくさんしてみる

 

・自宅、物件の壊れている所をセルフリフォームしてみる

 

・自分の資産背景と見つめ合ってみる

 

 

等々、やれることはたくさんあるはずです。

 

子供の事であれば、将来を見据えてたくさん会話をして真剣に考えてみたりするのもいいと思います。

 

 

悲観的にとらえていても何も始まらない

 

もちろん感染を甘く見てはいけません。

 

しかし、自宅にこもっていて何もやる事がないというのはウソだと思います。

 

考えればやることはたくさんあります。

 

むしろ普段やっていない事をやるチャンスだと思います。

 

自宅にいるとゲームやテレビ、動画やネットサーフィンしかしていないのであれば、それは非常に危険な状態だと自覚すべきです。

 

ただ、学校が休みにも関わらず、部活だけはやっているというのは正直意味がわかりませんし、むしろ感染が拡大する行為に他ならないと思っていますので、そういった感染拡大を助長するような行動は慎むべきです。

 

 

やる事がないというのは普段から何も考えていない証拠

 

個人的には何もやる事がないと言っている人達は、普段から何も考えていないで生活している人が多いのではないかと思っています。

 

正直やる事は考えれば山ほど出てきます。

 

小さな事から大きなものまで色々あるはずです。

 

そういった考える事をしていない事自体が問題だと思います。

 

 

まとめ

 

悲観的になってしまうのは仕方がない事ですが、こういった時にどういった考え方と行動をしていくかで差は出ていくものです。

 

やってはいけないと言われている事をするのは論外ですが、それ以外でもやれることはたくさんあります。

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

畳から洋室へのセルフリフォーム【自粛要請中だからこそ・・・】

f:id:ycfm:20191120231410p:plain

こんにちは。フミです。

 

最近では外出自粛要請も出ており、なかなか動きがとりづらい状況が続いていますが、マイナスに考えたらどこまでもマイナスになるので、逆にセルフリフォームのチャンスだと思ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

今回は畳から洋室への変更について書きたいと思います。

 

目次

 

 

 

洋室への変更はそこまでハードルは高くない

 

かなり難しく考えている人も多いと思いますが、実はそこまで言うほど難しい物でもありません。

 

簡単なパターンであれば、畳を撤去し、角材をしき、コンパネを貼り、クッションフロアを敷けば完了です。

 

ただし、道具が必要な事には変わりありませんので、そういった意味では道具面のハードルは高いかもしれません。

 

 

手順1 畳を剥がし、角材を敷く

 

まずは畳を剥がします。

 

マイナスドライバーや千枚通しなどを使って持ち上げ剥がすだけです。

 

畳の処分は行政の指示に従って頂く事になります。

 

軽トラがある人は自分でゴミ処理場に持ち込めばかなり安く仕上がります。

 

その後、角材を敷き詰め、下地を作ります。

 

f:id:ycfm:20200404140034j:plain

大体30cm間隔で角材を敷き詰めていき、畳分の高さ調整をします。

 

大体のパターンとして、畳は55mmの物が多いので、私は45mm角材を購入し、その後12mmのコンパネを敷く事が多いです。

 

もし断熱材も入れるのであれば、この間にスタイロフォームやグラスウールなどを敷き詰めます。

 

ビス打ちは30cm間隔で打って行った方が、後々不具合が出づらくいいともいます。

 

 

手順2 コンパネを敷く

 

その後、コンパネを敷き詰めます。

 

6畳間であれば、大体6枚あれば足りますが、この際に必要になるのが丸鋸です。

 

これがないとなかなか難しいと思います。

 

隙間がないように敷き詰め、ビス打ちをすれば完了です。

 

 

手順3 クッションフロアを敷き詰める

 

その後、クッションフロアを敷き詰めます。

 

1800幅であれば、2枚必要になります。

 

その際に最低限必要な道具、やり方などはこちらの動画が非常に参考になります。

 

www.diy-shop.jp

 

 

簡単に言えばこれだけでお手軽洋室が出来上がります。

 

外注すれば結構な額になってしまうものではありますが、一度道具をそろえてしまえば、実は2,3日で終わるような作業ですので、チャレンジしてみるのもいいと思います。

 

 

まとめ

 

リフォームの難易度としてはクロスの方が簡単ですが、これができるようになるといざという時に自分でやる事ができますので、和室に対しての考え方が少し変わります。

 

なので、コロナウイルスで自粛ムードですが、こんな時にこそチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか?

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

勝って兜の緒を締めよ【好調な時ほど調子に乗らない】

f:id:ycfm:20200403095852j:plain

こんにちは。フミです。

 

個人的に大事にしている言葉があります。

 

「勝って兜の緒を締めよ」

 

というものです。

 

今回はそういったテーマで書きたいと思います。

 

 

目次

 

 

好調な時には分析をせず、不調な時だけ分析をする

 

大概の人は好調な時には分析をしないものです。

 

人は困ったり、追い詰められたりしたときに初めて問題と向き合うようになる事がほとんどですので、基本的に上手く行っている時には、なぜそれが上手く行っているのかという事を分析したりはしませんし、むしろ調子に乗って色々とやりだしてしまうものです。

 

逆に不調で追い詰められたときには深刻に考えますし、思わぬパワーが出たりするものです。

 

背水の陣とはよくいったものです。

 

私自身も若い頃に借金にまみれた時に初めて自分と向き合い、行動に移したことを覚えています。

 

 

好調な時に合わせると不調になった時に余力がなくなる

 

今回のようなコロナウイルス不況といった何かしらの要因で景気が悪化すれば、少なからず業績に悪影響を及ぼします。

 

そういった時に体力のない会社はあっという間につぶれてしまいます。

こういった要因の一つとして、生活レベルや経費を好調な時に合わせてしまう事にあります。

 

人は好調になると見栄を張りたくなるものです。

 

業績が好調だと、急にベンツに乗り始めたり、家が大きくなったりするものですが、こういった生活レベルを上げる行為をしていると、いざ不景気になったときに耐えらえる基盤がない為、アッという間に倒産してしまう事になるのです。

 

もちろんもともとギリギリでやっていた企業もあるのでそれとは別として、今まで好調であったならその時に安易に生活レベルを上げるような事はしない方が良いという事です。

 

 

収入の半分以下で生活ができるようになるまで贅沢はしない方がいい

 

正しい基準かどうかはわかりませんが、個人的に収入の半分以下で生活が成り立つくらいに収入が上がるまでは生活レベルを上げるべきではないと思います。

 

半分以下であれば、最悪何か不測の事態が起きても破綻する可能性は低いと考えます。

 

生活費が月に30万かかるのであれば60万以上の収入になるまでは今の現状維持に努めるべきです。

 

その位になれば貯金するスピードも相当なものになるはずです。

 

年収1000万位で贅沢をしている人は、おそらく思ったよりも資産形成はできていないはずです。

 

そういった意味では年収1000万を超えている人に限ってお金に苦しんでいる人が多いのかもしれません。

 

 

まとめ

 

今世の中で色々な企業が倒産してきていますが、それだけ企業体力というのは大事になります。

 

いざ大変な状況になっても誰も助けてくれません。

 

自分で何とかするしかないのです。

 

人任せではなく、自分でもリスクヘッジをしておく事は大事な事です。

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今後の不動産はどうなる?

f:id:ycfm:20191130112209j:plain

こんにちは。フミです。

 

コロナウイルスの影響で様々な所で不況の波が押し寄せてきていますが、不動産に関してはどうなっていくのでしょうか?

 

今回は個人的な観点から書いていきたいと思います。

 

 

目次

 

 

新築戸建て需要は減る?

 

不景気になるとまず新築の戸建てを買おうという人が減ると思っています。

 

建売、注文住宅に関わらず、仕事がイマイチになれば当然収入にも響いてきます。

 

そうなれば住宅ローンどころではなくなり、新築の需要が減ってくるのではないかと思います。

 

 

住宅ローンが払えなくなる人が多くなる

 

また、今現在住宅ローンを抱えている場合は、今後の仕事の状況によっては返済が滞る可能性が出てきます。

 

そうなれば返済滞納状態になり、任売、競売になるか、もしくはその前に売却をされると思われます。

 

最近では新築を建てても離婚などで売りに出されるケースも多いですが、それに加えて多くなると思われます。

 

 

投資用物件の価格は?

 

正直読みにくい所ですが、銀行融資次第で金額が動いてくるのが不動産投資案件です。

 

なので融資が出なくなれば価格は下がっていくと思いますし、緩くなれば価格は上がります。

 

時代の流れもあるとは思いますが、単純にプレイヤーの数が上下する事で価格も上下すると思われます。

 

ただ景気が悪化すれば高単価で貸していたアパート、マンションなどは少々苦しくなる可能性があります。

 

 

投資用物件の売り案件は多くなると思われる

 

入居者が減れば投資用案件としては苦しくなるので、売りに出る物件は多くなると思います。

 

価格は安くないかもしれませんが、単純な量は増えてくると思います。

 

ただ最近は融資が厳しいのである程度の指値交渉は効くのではないでしょうか。

 

 

新築アパートは減ると思われる

 

今の現状だけで見ると、おそらく新築アパートは少なくなるのではないでしょうか。

 

材料の供給が不安定になっていますし、竣工も遅れているのがよくあるようです。

 

市場も読みにくくなっていますので、慎重になるのが通常だと思われます。

 

 

まとめ

 

不景気だからと言って何もできないわけではありません。

 

そういった時にも発想の転換で上手く行っている人もたくさんいます。

 

結局時代の変化について行ける人が生き残るのではないでしょうか

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

時間を浪費する行動3つ

f:id:ycfm:20191104123348j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は時間を浪費する行動について書きたいと思います。

 

多くの方が何か新しい事をする時に忙しいという言葉を使う傾向がありますが、時間は工夫次第で作る事ができます。

 

 

目次

 

 

時間を浪費する行動1 テレビを見る

 

まずはテレビを見る事です。

 

とりあえず意味もなく付けている人が多いのではないでしょうか?

 

具体的に見たい番組があるというならまだいいのですが、何となくつけているのは最悪です。

 

テレビは視覚と聴覚から入ってきますので、どうしても意識せざるを得なくなります。

 

その為、いつの間にか時間がかなりすぎているという事がよくあるはずです。

 

ながらテレビをやめるだけでもかなりの時間を作れるはずです。

 

 

時間を浪費する行動2 飲み会に参加する

 

二つ目は飲み会に参加する事です。

 

こちらも意味のある集まりなら何の問題もないです。

 

問題なのは特に理由もない飲み会です。

 

いつのもメンバーで集まって、いつもの愚痴や同僚の悪口を言い合うというのが一番最悪です。

 

こういったものは時間、お金、体力も浪費します。

 

飲みに行くだけでも5000円~10000円位は使うでしょうし、時間も数時間単位で消耗するはずです。

 

 

時間を浪費する行動3 ネットサーフィン・ゲーム

 

最近ではネット依存も問題です。

 

スマホを見ている時間は多い人だと何時間にもなっているはずです。

 

ゲームがよほどうまくなってゲーム実況などで稼げるようになればいいのかもしれませんが、ほとんどの人はそんなことはしていないはずです。

 

ネットサーフィンも他の人のSNSを見たり、とりあえず検索をしたり、あまり意味のないグループラインのやりとりをしたりしているはずです。

 

こんなことをしていても何の得にもならないので今すぐやめましょう。

 

 

まとめ

 

行動しない人の共通点として、忙しい事を理由にする事が多いです。

 

確かに忙しいはずですし、余裕もないです。

 

しかし、成功している人はそういった中で色々な工夫をして時間を絞り出しています。

 

出来ない理由を探すよりも、できる理由を探した方が前向きでいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

規模を大きくしないなら法人は作らなくていい?

f:id:ycfm:20191117104336j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は法人設立について書きたいと思います。

 

最近は不動産投資をするなら法人でというのが当たり前の雰囲気になってきましたが、本当にそれが正解なのでしょうか?

 

 

目次

 

 

まずはどの程度の規模が目的なのかハッキリさせる事が大事

 

個人、法人のメリットデメリットは様々ありますが、まずはどこまでの規模を目指すのかで行動は大分変わってきます。

 

サラリーマンの年収がそこまで高くなく、ちょっとした貯金になればいいなという考えであれば正直手間と費用をかけて法人にする理由はありません。

 

逆に大きくやりたいなら絶対法人でやるべきです。

 

この差は結局税率の問題になりますので、サラリーマンの年収にもよりますし、あとはどの程度規模拡大を目指すのかで決まります。

 

 

小さくやるなら法人設立はオススメしない

 

すべての人が何棟も所有し、何億も借金して規模拡大をしたいという人ばかりではありません。

 

2,3棟持てば十分という人も当然いらっしゃいます。

 

そういう場合には、サラリーマンの収入が多少高くても私であれば個人のみでやると思います。

 

理由としては、法人にすればそれなりの手間とコストがかかるからです。

 

正直な所、確定申告なども個人の方がはるかに簡単ですし、ちょっとしたソフトを使えばだれでもできてしまうのが個人だと思っています。

 

法人の方は決算処理も結構大変になりますし、規模拡大をしていけばやる事も煩雑になりますので、どうしても税理士が必須になってきますのでコストもかかります。

 

確かに累進課税で納税額が高額になっていくのが最大のデメリットですが、そこまで増やさないのであれば個人で十分です。

 

また、法人にすればそれは自分のお金ではありません。

 

会社のお金になりますので、私的流用ができなくなります。

 

そういった部分を考えても大きくやるなら税率の問題を考えて法人にするので、小さくやるなら個人で十分だと思っています。

 

 

周りが法人でやっているからという理由だけで法人を設立してはいけない

 

基本的に確固たる理由がなければ敢えて法人を作る理由はないと考えています。

 

理想的なのは正直個人だけで完結させるのが一番なのではないかなと最近は考えたりしています。

 

手間もかかりませんし、変な営業も来ません(笑)

 

ストレスを一番感じないのがメリットだと思います。

 

 

まとめ

 

結局は人それぞれという事になってしまいますが、そういった数字管理は自分で決めていくことなので経営者本人の意思によるというのが本音です。

 

設立すると感じると思いますが、色々とやらなければいけない事が非常に多いので、そういったデメリットもわかったうえでやった方がいいような気がします。

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

貧乏な人は問題点に向き合わない【習慣を変えるのを嫌がる】

 

f:id:ycfm:20200328103336j:plain

こんにちは。フミです。

 

お金に困っている人の多くは問題点に向き合わず、先延ばしにする傾向があると思っています。

 

今回はそういったテーマで書きたいと思います。

 

目次

 

 

貧乏な人は問題点を見るのを嫌がる

 

割と確率が高いと思いますが、貧乏な人は基本的に今抱えている問題点と向き合う事が好きではありません。

 

身近な一例を挙げますと、

 

・肥満だからダイエットする必要がある

 

・貯金がないからお金を貯める必要がある

 

・今後の為に勉強をする必要がある

 

・家にいらない物がたくさんあるから処分する必要がある

 

 

この他にも何かしらの問題点を抱えているはずです。

 

しかし、貧乏な人はこういった問題点に直面していても、わかっていてもやろうとせず、ズルズルと先延ばしにしている傾向があります。

 

逆に成功している人の共通点は、こういった問題点を先延ばしにせず、すぐに対応している所にあると思っています。

 

要するに面倒だからやらないだけなのです。

 

 

問題を解決するのは習慣を変える必要があるので嫌がる

 

人は基本的に習慣を変えるのが嫌な生き物です。

 

日々の生活もある程度のルーティンがあり、それに沿った行動をしている事が多いはずです。

 

しかし、生活習慣病というものがあるように、その習慣が問題点を引き起こしているのです。

 

先程の例を挙げると、

 

・肥満が問題ならば日々の食事と運動を見直して行動すればいいのですが、それが嫌なのでやらない、もしくは短期で結果が出るというものにすがって結果何も変わらない。

 

・貯金がないなら、日々の支出を見直したり、固定費を見直したりして無駄をなくし、貯金に回せるお金を作る、もしくはもっと稼ぐ。

 

・今後の目標があるのであれば、その勉強を計画的にやり、一日何時間やるなど決めて実施するのみ。

 

・家に物がたくさんあるならいつか使うかもという幻想を捨てて、一年使わなかったものは即排除。リサイクルショップなどを活用して物を減らす。

 

 

といった感じでやるべきことはわかり切っている事です。

 

しかし、ほとんどの人はやりません。

 

 

成功したいなら行動を変えるしかない

 

結論として、成功したいならば行動を変えるしかありません。

 

それ以外の選択肢はなく、今の現状は今やっている行動の結果にすぎません。

 

 

 

今の現状は自分が自ら選んで掴んだ結果です。

 

もし今の現状に不満があるのであれば、習慣を変えるしかありません。

 

勿論ストレスもかかるし、つらい思いもすると思いますが、成功している人は誰しも通っている道です。

 

 

まとめ

 

まずは行動を変えましょう。

 

これしかありません。

 

小さな事でもいいですので、こういった積み重ねが大事になります。

 

ダイエットしたいなら無駄な通販に引っ掛かったりしていないで、地道にやるしか方法はない事にいい加減気付くべきです。

 

お金貯めたいなら一攫千金を狙っていないで、堅実に貯めるしか方法はない事に気づくべきです。

 

一足飛びに行ける方法はほとんどないと思っていいいと思います。

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

結婚式、お葬式はなぜこんなにも高い?

f:id:ycfm:20200327085947j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回はちょっと切り込んでいい物かどうか迷う部分のテーマですが、書いてみようと思います。

 

日本の冠婚葬祭関係はなぜこんなにも高いのかと以前からずっと思っていました。

 

 

目次

 

 

結婚式の平均額は354万円

 

zexy.net

 

結婚式を挙げる際の費用の平均は約354万円とのデータがあります。

 

新婚旅行もとなると、おおよそ461万。

 

とても高い気がするのは私だけでしょうか・・・

 

f:id:ycfm:20200327090831p:plain

データから見ても多くの人が300~400万の年収なのが現実です。

 

一年以上の年収に匹敵する金額を1日のイベントの為に投入するのはかなりの決断のはずです。

 

昔はここまでの金額はかかりませんでしたし、本来ご祝儀というのはその人達のこれからの資金にしてもらうというのが本来の意味のはずですが、現実には結婚式の費用に充当されています

 

 

結婚式は中間マージンと広告料が大きい

 

結婚式を挙げる際に色々とオプションだったり、見積もりだったりと金額を見る事があると思いますが、この時に誰もが高いと思ったはずです。

 

これは基本的に会社の利益、間に入った会社のマージン、広告料などがすべて上乗せされています。

 

なので結婚式をするだけならさほどお金がかかるものではなく、披露宴などの華やかなイベントに対して相当な額がかかっています。

 

個人的な意見ではありますが、この額を掛けるならば、本来結婚後の方が圧倒的にお金がかかるのでその資金にしたり、なんならその分で海外旅行を思う存分楽しんできた方がいいような気がします。

 

 

お葬式も相当高額になっている

 

あまり踏み込みたくない部分ではありますが、こちらのデータがあります。

syukatsulabo.jp

 

 

相場として約200万です。

 

この間お話しがあったのは葬儀をやったが、その費用が払えなくて困っているという話を耳にしました。

 

もう意味がわかりません。

 

であれば家族葬なりなんなりで小さく済ます事ができたはずです。

 

亡くなった後までお金で揉められる原因を作りたい人なんているはずがないです。

 

高くなる原因は葬儀会社を利用する事と、紹介された会社を使う事にあります。

 

シンプルに家族葬にすれば数十万で済みますし、紹介されれば当然マージンが発生しています。

 

払える人なら何の問題もありませんが、お金がないのにやらなきゃいけないと言われるがままにやってしまうのは本末転倒です。

 

 

まとめ

 

基本的に冠婚葬祭はきちんとやらないとイメージが悪いので、惜しみなくお金を払う人が多いです。

 

しかし現実にはそういった所が一番儲かります。

 

常識にとらわれず、自分の考えを持って行動するのが一番大切ではないでしょうか

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村