不動産投資・貯金・節約で富裕層1億円を目指すブログ

将来不安にならない為のお金の知恵、貯金の仕方、効果的な節約方法、不動産投資などでお金持ちになる方法を書いています。

日本は新しいものが嫌い【いまだにメールも使えない】

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200625103554j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

最近常々思うのですが、日本という国はやはり新しいものが嫌いな文化なんだなと感じることがあります。

 

身近な例で行くと、

 

 

・学校

 

・銀行

 

 

などです。

 

これだけデジタルが普及しているにも関わらず、いまだにメールも対応していないという現実があります。

 

学校でいえば、子供が学校に行っているときに、報告業務を先生にしなければいけないのに、先生を探すのに延々と時間を取られるといったことは日常茶飯事ですし、メール一本で済む内容を親を集めていちいち説明をするといったのは時代遅れだと感じます。

 

また銀行でいえば、一部を除きほとんどがFAX対応となります。

 

その結果、FAXで送っても字がつぶれてしまい、結局読み取れず持っていかなければいけないという事態になり、非常に非効率だと思います。

 

何度か言ったことがありますが、機密事項が漏れる可能性があるとのことですが、メールくらいはあってもいいのではないでしょうか。

 

 

こういった文化が残っているのは、対応できない人が多いからだと思います。

 

結局できない人に合わせるのが日本の文化ですが、その代償として成長を阻んでいる気がしてなりません。

 

会社のトップも高齢化が進んでおり、新しいものに対応できない状態になっているため、デジタルを進めようとしても理解できないといった事態になります。

 

それでは取り残される一方だと思います。

 

 

スマホはもはやみんな持っているものなのですから何等かの方法が取れるのではないでしょうか。

得な中古車の選び方

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:ycfm:20200506103916p:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

改めて思いますが、やはり日本は中古車が安い国だと感じます。

 

と言っても外国に住んだわけではありませんが(笑)

 

というのも日本車はやはり壊れにくいというのが最大のメリットです。

 

かなり改善してきているとは言え、やはり外車はメンテするのが常識という文化なので、壊れない作りをするというよりは管理する文化です。

 

なので中古車を買うのであれば、日本車はベストバイだと思います。

 

 

とはいってもずっと使っていれば壊れます。

 

それが致命傷なのか、軽度のものなのかという見極めが重要になります。

 

 

安く買うコツとしては、

 

 

・不人気者を狙う

 

・多く販売された車を狙う

 

・10年落ちを狙う

 

・高級車を狙う

 

 

といったところでしょうか。

 

中古車は需要と供給で価格が決まります。

 

つまり状態よりも人気で価格は決定します。

 

人気のSUVやミニバン、軽などは基本的に高値掴みになり、しかも状態悪いというのが多々あります。

 

逆にコンパクト、セダン、高級車などは不人気のため、10年落ちともなれば新車価格の20%というのも珍しくありません。

 

 

安ければいいという考え方で買うと、安物買いの銭失いになりますので注意が必要です。

車はローンで買うのが当たり前??

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200226185938j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

昔の人に多いような気がしていますが、車はローンで買うのが当たり前と思っている人がかなり多くいると感じています。

 

私自身、若い頃は会社や友人関係でローンを組むのが当たり前という感じでしたし、実際そういうものだと思い込んでいました。

 

 

しかし少しでもお金の勉強をした人ならば間違っていることがわかるはずです。

 

 

そもそも負債である車ですが、保有しているだけで相当な支出が増えていきます。

 

消費税、重量税、取得税、ガソリン税自動車税・・といったものに始まり、タイヤ代、オイル代、駐車場代、洗車代、メンテナンス代・・といった維持費、そして保険代といったものまでかかってきます。

 

しかし車がなければ生活できないという人もたくさんいますので保有自体が仕方がないと思います。

 

 

問題なのはそれをローンを組んで買おうという考え方です。

 

 

ただでさえお金のかかるものに金利まで払うということに疑問を持たないことが非常に問題だと思います。

 

しかもローンになると急にいいものにしがちですし、予算オーバーになることも珍しくありません。

 

 

つまり毎月の支払額しか見ていないということになります。

 

 

こういった地味なところで差が付きますので注意が必要です。

ワンルーム投資

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200417092516j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

最近でも高属性の人によくかかってくる営業の一つとして、ワンルーム投資が挙げられます。

 

都心部、もしくは地方都市のワンルーム、もしくは新築ワンルームに投資をして、将来の不安に対応していきましょうといったうたい文句のものですね。

 

パターンとしては、支払いが終われば資産になりますといったものが多いのですが、それは本当でしょうか。

 

 

まず投資額がワンルームにしては非常に高額であるケースがほとんどです。

 

利回り3%~5%といったものもザラです。

 

いくら東京都心といえども、下手をすると金利の方が高いといったケースすらあります。

 

 

実際知り合いも同じような手口でやってしまった人がいますが、やはり儲かっていません。

 

 

また、中古で長期ローンを組むため、それまでそのマンションが継続できるかどうか、または修繕費がきちんとまかなえているかどうかという問題が出ます。

 

現在で築20年だとしても、30年ローンを組めば築50年です。

 

普通に考えれば住みたくないレベルです。

 

 

完済すれば資産になるという話ですが、そもそも30年後にはどうなっているか誰にもわかりません。

 

 

リスクを背負うのは大事なことですが、あまりにも儲からないものにいいところだけを見てしまうというのは立て直しが効かないダメージを負うことになりますので注意が必要です。

30代までに道を決めておく

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:ycfm:20200226192404j:plain


こんにちは。フミです。

 

 

今私は41歳ですが、30代のころにずっと思っていたことがあります。

 

それは、

 

 

30代で道を決めておく必要がある

 

 

ということです。

 

 

私の勝手なイメージですが、20代は経験、30代は野心、40代は安定志向といった感覚があります。

 

だからと言って50代だから無理といっているわけではありませんので誤解なさらないように(笑)

 

こういったイメージを勝手に持っていたので、30代は相当頑張ったつもりです。

 

その結果、40歳である程度の状態にすることができました。

 

 

何が言いたいかと言えば、モチベーションを維持するのはとても大変なことで、30代までは体力的にも、環境的にもまだ頑張れるところだと思います。

 

なので、今若い人達は遊ぶことも大事ですが、もっと自分の未来を真剣に考えてほしいと思います。

 

時間はあっという間に過ぎていきますし、過ぎた時間は取り戻せません。

 

 

そして若さという武器は最初だけしか通じないということも理解しておいた方がいいです。

 

 

また、ある程度年齢がいっている人は、自分の会社でのポジションは会社が作り上げたもので、自分の能力ではない可能性が高いということも理解しておく必要があると思います。

 

独立してみるとわかりますが、会社の肩書なんて何の役にも立たないことがわかるはずです。

 

なのであぐらをかいているとすぐに足元をすくわれます。

 

 

現状に満足せず、未来を見て行動した人だけが明るい未来を見ることができるのだと思います。

ライフワークバランス

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200625103554j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

最近ライフワークバランスという言葉をよく耳にするようになりました。

 

簡単に言えば、仕事ばかりでなくプライベートも充実させていきましょうということです。

 

たしかにあまりにもブラック企業に勤めていたりすると、相当苛烈な労働環境になっていたりしますので、改善するべきだと思います。

 

 

ただ心配なのは、若い人からその言葉が出てくるのが少々不安です。

 

 

個人的にライフワークバランスが取れる人というのは、それなりの収入と財力がなければ成立しません。

 

それがなければ生活できませんし、豊かなプライベートを送ることもできません。

 

 

それなりの収入がないのであれば、働くしか生きていく道はなくなるわけです。

 

 

若い頃はたくさんの経験を積むべきですし、そのためにはたくさんの仕事を経験し、たくさんの挫折を味わって、少しずつキャリア形成ができていくものです。

 

その経験なくして確固たる収入を得続けるのは難しいと私は感じてしまいます。

 

私もブラック企業と言われるようなところにいましたので、残業時間の方が長いくらいでしたが、残業代なんて出た試しがありませんでした。

 

非常に不満でしたが、ある意味では人よりも何倍も働きましたし、何倍も努力して良い悪いも経験してきました。

 

その結果、引き出しの多さにつながったのだと今になってそう思ったりすることもあります。

 

 

こんなことを言うと時代遅れですし、合ってない発言だとは思いますが、やはり人間経験に勝る知識はないと私は思います。

どんなにお金を持っても感謝の気持ちは忘れてはならない

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

最近よく感じることなのですが、ある程度お金を持つと急に態度が横暴になったりする人がいたりします。

 

確かにお金は力があります。

 

相手よりも優位に立つこともできることは知っています。

 

 

しかし自分の仕事は自分だけで成立しているわけではないことを忘れてはなりませんし、感謝の気持ちを忘れてはおしまいです。

 

 

不動産投資の世界でもそうですが、部屋数が多い=偉い、凄い ではないと思います。

 

 

大事なのはその人の生き方です。

 

 

本当に凄いところを示すのであれば、決算書を見ないと本当のところはわかりません。

 

しかし人は借入額だったり、棟数、部屋数だったり、持っているものだったりで判断することが非常に多いはずです。

 

しかしそれはその人のライフスタイルによって様々なパターンがあっていいはずです。

 

 

50部屋もあれば十分という人もいれば、200部屋くらいないと落ち着かないという人もいます。

 

要するに人それぞれということです。

 

 

確かにスケールメリットはありますが、それを前面に押し出していくのはいかがなものかと思います。

人の違う時間軸で生きよう

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200504132850j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

緊急事態宣言が解除された影響か、以前よりも人出が多くなりました。

 

経済的には当然いいことですし、そうしていくべきだと思っています。

 

 

半面、色々なところに行っても空いててよかったな~と不謹慎なことも思ってしまいます。

 

 

今は飲食店に行っても結構な混雑ですし、スーパーに行っても混んでいます。

 

 

私以前から土日休みのお仕事とは無縁の社会人生活を送ってきたため、混雑が嫌いです(笑)

 

そのため、人とは違う時間に行動することを心掛けてきた傾向があります。

 

お店に行くのは平日のみ、もしくは夜遅く。

 

GW、お盆、正月などは元々休みもなかったせいもありますが、逆に出かけませんでした。

 

単純にこれは混んでいるのがいやだったからという理由なのですが、皮肉にもその方が人生豊かに生きられることに気が付きました。

 

 

平日であれば役所、銀行、病院なども不自由しませんし、理容なども予約が取れないことはありません。

 

旅行に行っても格安ですし、渋滞もありません。

 

デメリットは友人と会いにくいということくらいですが、今となっては平日に動ける人が周りにたくさんいらっしゃるので問題なくなりました。

 

 

大事なのは人と違う時間軸で生きることが人生豊かに暮らせるということです。

4割が年収200万以下

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200328103336j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

最近地元限定のデータではありますが、年収別の割合表を見ることができました。

 

そうしたら驚きの結果がありました。

 

なんと4割の世帯年収が200万以下という結果だったのです。

 

しかも世帯年収です。

 

 

たしかに私の住んでいる町は田舎ですのであまり収入は高くはありませんが、それにしても世帯年収で、いくら独身が含まれているとは言え少々厳しいのではないかと思った次第でした。

 

 

よく平均値、割合などがネットで出ていますが、もしかしたら都市部を抜かした地方では、もっともっと現実的で厳しいのかもしれません。

 

 

おそらくこれからは誰でもできる仕事をしている人は少しずつ淘汰されていくと思います。

 

 

頭のいい人は旅行しながらでも仕事ができるような状態が普通になるでしょうし、逆に安い給与で肉体労働を続けなければいけない人も多数出てくると思います。

 

これを打破するには、やはり危機感を持って行動するしかないと思います。

中間層は減る

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

今話題になっている中間層を増やすというテーマですが、個人的にはなかなか難しいのではないかと思っています。

 

いま日本はアメリカのようになっており、富裕層と低所得層の二極化が進んでいると言われています。

 

資本主義は基本的にそういうものだと私は認識しております。

 

 

ではなぜ中間層を増やそうとしているのかと言われると、おそらく昔よき時代、いわゆる昭和バブルの時代を思っているのではないかと思っています。

 

 

しかしあの当時は経済成長真っ只中、銀行にお金を預ければそれだけで資金が増えた時代です。

 

要するに何もしなくてもお金は増えていった時代です。

 

年功序列も退職金もしっかり、年金もあり安心という時代です。

 

しかしそれを支えていた経済成長は、労働基準法などない状態で命がけで働いていた人たちです。

 

サービス残業当たり前、休日出勤当たり前、上司の命令絶対といったパワハラ当たり前の時代です。

 

そういった苛烈な環境で生きてきています。

 

そして人口もどんどん増えていた時代なので、年金も安泰なのは当たり前です。

 

 

 

しかし今の時代は違います。

 

 

少子高齢化、経済不景気、高齢化と来ています。

 

労基も厳しい、ハラスメントも厳しい、クレームも多いという状態です。

 

 

こういった状態で経済成長、中間層を増やすと言ってもなかなか難しいのではないかと思わざるを得ません。

 

 

何もしないで生きていける時代は終わりました。

 

断言できます。