不動産投資・貯金・節約で富裕層1億円を目指すブログ

将来不安にならない為のお金の知恵、貯金の仕方、効果的な節約方法、不動産投資などでお金持ちになる方法を書いています。

ライフワークバランス

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200625103554j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

最近ライフワークバランスという言葉をよく耳にするようになりました。

 

簡単に言えば、仕事ばかりでなくプライベートも充実させていきましょうということです。

 

たしかにあまりにもブラック企業に勤めていたりすると、相当苛烈な労働環境になっていたりしますので、改善するべきだと思います。

 

 

ただ心配なのは、若い人からその言葉が出てくるのが少々不安です。

 

 

個人的にライフワークバランスが取れる人というのは、それなりの収入と財力がなければ成立しません。

 

それがなければ生活できませんし、豊かなプライベートを送ることもできません。

 

 

それなりの収入がないのであれば、働くしか生きていく道はなくなるわけです。

 

 

若い頃はたくさんの経験を積むべきですし、そのためにはたくさんの仕事を経験し、たくさんの挫折を味わって、少しずつキャリア形成ができていくものです。

 

その経験なくして確固たる収入を得続けるのは難しいと私は感じてしまいます。

 

私もブラック企業と言われるようなところにいましたので、残業時間の方が長いくらいでしたが、残業代なんて出た試しがありませんでした。

 

非常に不満でしたが、ある意味では人よりも何倍も働きましたし、何倍も努力して良い悪いも経験してきました。

 

その結果、引き出しの多さにつながったのだと今になってそう思ったりすることもあります。

 

 

こんなことを言うと時代遅れですし、合ってない発言だとは思いますが、やはり人間経験に勝る知識はないと私は思います。

どんなにお金を持っても感謝の気持ちは忘れてはならない

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

最近よく感じることなのですが、ある程度お金を持つと急に態度が横暴になったりする人がいたりします。

 

確かにお金は力があります。

 

相手よりも優位に立つこともできることは知っています。

 

 

しかし自分の仕事は自分だけで成立しているわけではないことを忘れてはなりませんし、感謝の気持ちを忘れてはおしまいです。

 

 

不動産投資の世界でもそうですが、部屋数が多い=偉い、凄い ではないと思います。

 

 

大事なのはその人の生き方です。

 

 

本当に凄いところを示すのであれば、決算書を見ないと本当のところはわかりません。

 

しかし人は借入額だったり、棟数、部屋数だったり、持っているものだったりで判断することが非常に多いはずです。

 

しかしそれはその人のライフスタイルによって様々なパターンがあっていいはずです。

 

 

50部屋もあれば十分という人もいれば、200部屋くらいないと落ち着かないという人もいます。

 

要するに人それぞれということです。

 

 

確かにスケールメリットはありますが、それを前面に押し出していくのはいかがなものかと思います。

人の違う時間軸で生きよう

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200504132850j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

緊急事態宣言が解除された影響か、以前よりも人出が多くなりました。

 

経済的には当然いいことですし、そうしていくべきだと思っています。

 

 

半面、色々なところに行っても空いててよかったな~と不謹慎なことも思ってしまいます。

 

 

今は飲食店に行っても結構な混雑ですし、スーパーに行っても混んでいます。

 

 

私以前から土日休みのお仕事とは無縁の社会人生活を送ってきたため、混雑が嫌いです(笑)

 

そのため、人とは違う時間に行動することを心掛けてきた傾向があります。

 

お店に行くのは平日のみ、もしくは夜遅く。

 

GW、お盆、正月などは元々休みもなかったせいもありますが、逆に出かけませんでした。

 

単純にこれは混んでいるのがいやだったからという理由なのですが、皮肉にもその方が人生豊かに生きられることに気が付きました。

 

 

平日であれば役所、銀行、病院なども不自由しませんし、理容なども予約が取れないことはありません。

 

旅行に行っても格安ですし、渋滞もありません。

 

デメリットは友人と会いにくいということくらいですが、今となっては平日に動ける人が周りにたくさんいらっしゃるので問題なくなりました。

 

 

大事なのは人と違う時間軸で生きることが人生豊かに暮らせるということです。

4割が年収200万以下

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200328103336j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

最近地元限定のデータではありますが、年収別の割合表を見ることができました。

 

そうしたら驚きの結果がありました。

 

なんと4割の世帯年収が200万以下という結果だったのです。

 

しかも世帯年収です。

 

 

たしかに私の住んでいる町は田舎ですのであまり収入は高くはありませんが、それにしても世帯年収で、いくら独身が含まれているとは言え少々厳しいのではないかと思った次第でした。

 

 

よく平均値、割合などがネットで出ていますが、もしかしたら都市部を抜かした地方では、もっともっと現実的で厳しいのかもしれません。

 

 

おそらくこれからは誰でもできる仕事をしている人は少しずつ淘汰されていくと思います。

 

 

頭のいい人は旅行しながらでも仕事ができるような状態が普通になるでしょうし、逆に安い給与で肉体労働を続けなければいけない人も多数出てくると思います。

 

これを打破するには、やはり危機感を持って行動するしかないと思います。

中間層は減る

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

今話題になっている中間層を増やすというテーマですが、個人的にはなかなか難しいのではないかと思っています。

 

いま日本はアメリカのようになっており、富裕層と低所得層の二極化が進んでいると言われています。

 

資本主義は基本的にそういうものだと私は認識しております。

 

 

ではなぜ中間層を増やそうとしているのかと言われると、おそらく昔よき時代、いわゆる昭和バブルの時代を思っているのではないかと思っています。

 

 

しかしあの当時は経済成長真っ只中、銀行にお金を預ければそれだけで資金が増えた時代です。

 

要するに何もしなくてもお金は増えていった時代です。

 

年功序列も退職金もしっかり、年金もあり安心という時代です。

 

しかしそれを支えていた経済成長は、労働基準法などない状態で命がけで働いていた人たちです。

 

サービス残業当たり前、休日出勤当たり前、上司の命令絶対といったパワハラ当たり前の時代です。

 

そういった苛烈な環境で生きてきています。

 

そして人口もどんどん増えていた時代なので、年金も安泰なのは当たり前です。

 

 

 

しかし今の時代は違います。

 

 

少子高齢化、経済不景気、高齢化と来ています。

 

労基も厳しい、ハラスメントも厳しい、クレームも多いという状態です。

 

 

こういった状態で経済成長、中間層を増やすと言ってもなかなか難しいのではないかと思わざるを得ません。

 

 

何もしないで生きていける時代は終わりました。

 

断言できます。

新築見学【100点はあり得ない】

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200417092516j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

先日新築の見学をしてきました。

 

私まだ新築はやったことがないので少々興味がありまして(笑)

 

中古とは違ってやはり相当目新しいですし、自分でも住みたいなと思える状態でした。

 

共用部の作りや防犯面、間取りなど考えられているな~と感じた次第です。

 

 

ただ、やはり収支の部分を見ると少々厳しいなと感じます。

 

 

特にすべてメーカーさんお任せみたいなことをしてしまうと、一気に利回りが下がってしまう傾向にあります。

 

そうなれば利回り6%というのも珍しくありませんので、これではあまりにもリスキーかなと感じる部分ではあります。

 

 

しかしその分立地は相当いいところに建てているので、将来的な出口は見やすいのかもしれません。

 

 

なんでも100点はあり得ないですね

物件決済

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200625103554j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

先日久しぶりに物件の決済をしてきました。

 

今年は買わないと思っていたのですが、結局買っているという結果になっています(笑)

 

もはや病気ですね。

 

 

今回は6部屋中2部屋しか入っていないという築古物件になりますが、値段が手ごろだったというのが決め手になりました。

 

何となく勝算も見えたので行くことにしましたが、6部屋ですので、そこまで収益性が高い物件というわけではありません。

 

 

とりあえず関連業者さんの条件がすべてそろったので、特段問題なく進むと思われます。

 

 

今月もう一件契約があるので、ちょっと忙しい感じですね(;^_^A

 

手間を惜しんでは節約はできない

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

 

誰でもはじめは持たざる者、つまり何の力もない人というのが普通です。

 

そこから資産を築こうとするのであれば、収入を増やすのと、支出を減らし、財を積み上げるしかありません。

 

しかし収入を上げるのはそんなに簡単ではありませんが、支出を抑えるのはさほど難しいことではありません。

 

誰でもできます。

 

つまり最初の難関は限りある資金をいかにやりくりするかがポイントになります。

 

 

では貯まらない人の共通点の一つとして、手間をかけないというのがあります。

 

 

貯まらないと言っている人に限って、倹約家の人がやらないようなことをやっていたりするものです。

 

 

・毎日飲み物を買う

 

・毎日外食をする

 

・衣類や趣味などの買い物が多い

 

・ギャンブルをする

 

 

といったものがあります。

 

 

その中でも毎日飲み物を買うというのは、倹約家の人であれば水筒持参というのはすぐに思いつきますし、だれでもできます。

 

一日2本買って300円だとしても一か月で9000円、年間108000円です。

 

 

しかし、一日あたりにしたら、たった300円です。

 

 

これをどう考えるかが結構分かれ目になります。

 

 

基本的に大きい穴からふさいでいくべきですが、普段の生活でもこういった無駄はたくさん存在します。

 

そこに気が付いて実行に移せるかどうか、そしてその手間を惜しまずできるかが重要です。

稼ぐ→節約→貯金→投資

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:ycfm:20200416090422j:plain

こんにちは。フミです。

 

私達のような一般人が経済的に豊かになるためにはこの法則しかないと思っています。

 

稼ぐ、節約、貯金、投資

 

これしかないと考えています。

 

 

稼ぐとは、今の本業で成果を上げ、収入増大、もしくは副業で収入増大することです。

 

そして入ってきたお金を誘惑に負けることなく、節約志向を貫き、貯金を殖やし続けることです。

 

貯金だけでは限界がくるので、まとまった資金ができたところで投資に回し、運用資産を形成していくという流れです。

 

 

結局のところ、裏技などなく、地味な作業の積み重ねと、継続してきた年月がものを言います。

 

なので若いうちから始めることにはアドバンテージがあります。

 

 

逆に言えば、年齢が高い場合にはもう少しリスクをとらないと短期間で稼ぐことはできなくなります。

 

 

つまり大事なのは時間ということです。

思慮深さが足りない人

 



 


 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

f:id:ycfm:20200504184142j:plain


こんにちは。フミです。

 

 

この人は上手くいかないだろうなと思う人の一つとして、思慮深さがない人が挙げられます。

 

これは話をしたり、行動を見ていればわかります。

 

 

・発言をするときに考えが浅く、よくトラブルになる

 

・行動するときに段取りがなく、ミスが多い

 

・感情的になることが多い

 

・相手の考え方を理解しておらず、ただ一方的に話している

 

 

といったことが一例として挙げられます。

 

 

そしてこういった人の共通点がとにかくトラブルが多いということです。

 

 

いつも何かとトラブルを抱えています。

 

そしてそれが自分が原因だったとしても、理解していないことが多いです。

 

 

逆に思慮深さがある人はきちんと順序だてて会話ができますし、ストーリー性があります。

 

また行動パターンも合理的に動こうとしており、ミスが少ないです。

 

したとしても余力があるためカバーできます。

 

 

思慮深いというのは、普段からたくさん考えている人だと思います。