不動産投資・貯金・節約で富裕層1億円を目指すブログ

将来不安にならない為のお金の知恵、貯金の仕方、効果的な節約方法、不動産投資などでお金持ちになる方法を書いています。

収益を産まないものにローンを組んではいけない

f:id:ycfm:20191119233258j:plain

こんにちは。フミです。

 

最近ローン関係のネタが多いです(笑)

 

割と一般的になされている会話だと思いますので、今回はそのテーマで書きたいと思います。

 

目次

 

 

家と車はローンで買うのが普通

 

私がサラリーマンをしていた時や、友達関係とお話しをしている時によく出る会話でした。

 

自宅ならまだわかるのですが、車はローンで買うものという認識が本当に多かったように思います。

 

現金で買う人は稀でしたし、新車でも中古車でも基本的にはローンを組んで買っている人が圧倒的大多数でした。

 

 

なぜローンを組むのか?

 

ではそもそもなぜローンを組むのでしょうか?

 

恐らくほとんどの人が、それを変えるお金を持っていないからだと思われます

 

ですが、やはり欲しいですし、せっかく買うならいい物を買いたいし、毎月の支払もこのくらいならいけそうだし・・・という感じでやっているのが実態だと思います。

 

 

ローンで買うという事は自分の財力以上のものを買うという事

 

そもそも論ですが、ローンで買うという事は、自分の資力以上のものを買おうとしている事を理解するべきです。

 

毎月の支払が何とかなりそうだからという事で、買った後いっぱいいっぱいになっている人をたくさん見てきました。

 

破綻まではいかないでしょうが、それで財布の中が空っぽというのは如何なものかと思います。

 

 

ローンで買うという事は多く支払うという事

 

ローンで買うという事は利子がかかりますので、多く支払う事になります。

 

しかし、目に見えない額に関しては、結構みんな寛大だったりします。

 

要するに目先の数字しか見ていない事になります。

 

 

お金を産まないものをローンで買ってはいけない

 

こういったお金を産まないものをローンで買うのは一番やってはいけない行為です。

 

特に個人で事業などもやっていない人は経費になったりすることもありませんので、猶更やめた方がいいです。

 

しかも、ローンを組んで多く支払うという行為は資産形成という意味からは最もやらない方が良いものです。

 

まとめ

 

たしかに周りを見渡せばそうして買っている人が大多数だと思います。

 

しかし、経済的に豊かになりたいと思うのであれば、避けるべき方法だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

やってはいけない借金方法4つ

f:id:ycfm:20191117104336j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

今回はやってはいけない借金方法をご紹介したいと思います。

 

世の中には数々のローン方法があり、誘惑も多いと思います。

 

しかし、注意しないと痛い目に合うものもたくさんありますので注意が必要です。

 

 

目次

 

 

【やってはいけない借金その1】カードローン

 

CMなどで本当によく見かけるようになりました。

 

銀行系のものも多く、何となくクリーンなイメージがあると思います。

 

しかし、利率はかなりえげつないです。

 

利率10%台は普通、18%というのも珍しくありません。

 

お金に困ったからと言ってこれから借りていては、いつまで経っても裕福にはなれません。

 

 

【やってはいけない借金その2】キャッシング

 

クレジットカードなどに付帯している機能の一つですが、こちらもなかなかえげつない利率です。

 

やはりこちらも利率10%台が多くなっています。

 

さらにこの支払がリボ払いなんてなれば更にキツイ支払いとなってしまいます。

 

 

【やってはいけない借金その3】リボ払い

 

こちらも当然高金利です。

 

利率10~18%というのがほとんどです。

 

しかもタチが悪いのは、支払い方法によっては返済が全然進まず、金利ばかりを払う事になっているケースがある事です。

 

そうなればいつまで経っても借金から逃げる事ができなくなってしまいます。

 

 

【やってはいけない借金その4】分割払い

 

ものにもよりますが、基本的に回数が増えれば増えるほど金利は上がります。

 

という事は長期の分割にすれば支払う総額は増えるという事になります。

 

であれば、そもそも分割でしか買えないものは買わない方が良いという事になります。

 

 

 

情報弱者ほどこういったものに引っ掛かる

 

言い方が悪いかもしれませんが、今あげたものはよくテレビでCMがガンガン流れているものばかりです。

 

小さい文字ではありますが、利率も書いてあります。

 

しかし、そういったものに引っ掛かってしまう人はほとんどが情報弱者です。

 

クレジットカードを契約するとポイント還元しますが、その代わり自動リボになりますというものもたくさんありますが、これもよく読めばわかるものです。

 

しかし、リボ払いが何なのか理解もしていないで契約する人が本当に多いです。

 

気を付けてみないと、色んな所に罠があったりしますので、規約など読む事をお勧めします。

 

 

まとめ

 

ローンがすべてダメとういうわけではありませんが、大体上述したものに手を出している人は、末期症状になっている事が珍しくありません。

 

気軽だからこそ、注意すべきです。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

固定費の見直し方【節約は固定費から】

 

 

f:id:ycfm:20191117192304j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

最近周りでお金の心配をしている人や、困っている人が非常に多く見受けられるので、私なりの考え方を書きたいと思います。

 

 

目次

 

 

何から手を付ければいいかわからない

 

結構こういう人多いです。

 

節約してお金を貯めたいんだけど、具体的にどうしたらいいかわからないという人はかなり多いです。

 

傾向としては、数字を見るのが嫌という人が大多数です。

 

しかしお金は数字ですので、これから逃げていては何も始まりません。

 

 

自分の収支を把握する事から

 

当たり前のことですが、自分の収支がわかっていなければ管理などできるはずがありません。

 

手っ取り早い方法は通帳を見る事です

 

こういう人は記帳すらしていないという人が多く、通帳が不明という人も少なくありません。

 

まず記帳をして、何が引かれているのかを確認しましょう。

 

 

引かれてもいるものをピックアップ

 

次に引かれているものをピックアップします。

 

その中でまず不明な引落がないか確認します。

 

大体の人はかなりの確率で存在します。

 

まずこれを判明させ、不要であれば解除してください。

 

・使っていない定額制のもの

 

・不明なカード引落

 

・不明な保険料

 

色々あるはずです。

 

 

クレジットカードの明細を見る

 

クレジットを使っている人は、明細を見る事をオススメします。

 

結構見ていない人が多く、実はとても損をしていたというのも珍しくありません

 

不明な引落や、間違った支払い方法になっていて、利子がかかっていたなんてこともあります。

 

不明な引落は調査して、不要なら解除してください。

 

 

携帯代の明細

 

こちらも明細とプランをきちんと見てください。

 

大体の人が不要なものに加入しているものです。

 

過剰なプランや、使わない設定、保険などがあれば解除してください

 

 

生命保険、任意保険などの内容を確認

 

こちらも保険証券を用意して、自分がどういったものに加入しているのか確認してください。

 

酷い人だと保険証券がないという人も結構多いので、その場合は引落がされている名義を確認して電話確認してみてください

 

車の保険も同様ですが、過剰スペックの保険に入っている事はザラにあります。

 

 

電気契約の見直し

 

一軒家にお住まいであれば、自宅の電気の容量を確認します。

 

もし過剰なアンペア数に加入しているのであれば、これも落とせば固定費が下がりま

す。

 

最近の電気はLEDや省エネタイプになっているため、アンペア変更できる可能性があります。

 

 

まとめ

 

他にもまだまだありますが、まずは自分の収支を確認するところから始めてください。

 

何事もそれからです。

 

資産形成をしていくのにウルトラCはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

免責0より免責ありの方がお得【自動車任意保険】

f:id:ycfm:20191118160916j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

車に乗っている人は大体の人が任意保険にも加入していると思います。

(世の中の3割位の人が未加入らしいですが、自殺行為です。怖すぎます・・・)

 

毎年使っても使わなくても引かれてしまうものなので、少しでも安くしたいというのが人情というものです。

 

 

目次

 

 

免責とは?

 

そもそも免責とはなんでしょうか?

 

免責とは、車両保険に加入している人で、車が破損した際に修理代が保険会社から支払う事になった際に、自己負担分の事を指します。

 

なので免責0であれば0円ですし、5万であれば5万円以上は保険会社が支払いますが、5万円は自己負担という事になります。

 

 

実際に車両保険を使って修理しているのか?

 

だったら0円の方がいいじゃん!という人もいると思いますが、意外とそうでもありません。

 

皆さんもお分かりの通り、任意保険は使えば等級が下がります

 

下がれば保険料は上がります。

 

大体3等級下がると言われていますが、これは今の等級まで3年間かかる事を意味します。

 

そしてその間の保険料は当然上がります。

 

なので金額の小さい修理代であれば自腹を切っている人が多く、免責0にする意味は正直ないと思っています

 

 

免責5万、10万が一番お得

 

つまりそういう所を踏まえると、免責0はお得ではない事がわかります。

 

保険料を高くする一つがこの車両保険にあります。

 

ここをどうするかが肝です。

 

なので、免責は5万、できれば10万でもいいくらいだと思っています。

 

恐らくですが、10万位までの修理費だと、自腹を切る人の方が多いと思っています。

 

大掛かりな修理になったときに活用できるようにしてあればそれで保険の役割はできていると思います。

 

免責を付けるだけで数万落ちた経験もあります。

 

その位大きなポイントです。

 

 

まとめ

 

車の保険はよくわからないという人は本当に多いと思います。

 

しかし、こういったわかりづらい所にこそ、無駄があるものです

 

面倒がらずにやる事が無駄を省く事に繋がります。

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

nanacoカードの公共料金支払い終了のお知らせ【ヤフーカードのチャージも終了??】

f:id:ycfm:20200208170814j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

今回は悲しいお知らせです。

 

 

目次

 

 

nanacoカードでの公共料金支払いが不可能に

 

先日のWAON支払い終了に続き、nanacoカードでも中止となってしまいました。

 

www.nanaco-net.jp

 

これにより、電気料、水道料、固定資産税などの収納代行サービスができなくなってしまいました。

 

唯一残っていたものだけに残念です・・・。

 

 

ヤフーカードからのクレジットチャージも終了??【ペイペイも】

 

 

先日ヤフーからメールが届きました。

 

以下引用

 

クレジットポイントの一部変更についてのお知らせ
いつもYahoo! JAPANカードをご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたび、2020年2月1日(土)より一部ご利用分のクレジットポイント進呈を以下のとおり改定いたします。改定後の内容は以下をご確認ください。
■変更内容
「PayPay決済」「PayPay残高チャージ」および「nanacoクレジットチャージ」ご利用分へのクレジットポイント進呈を廃止いたします。
・PayPay
  新(2/1~)
PayPay決済 Tポイント1% なし
PayPay残高チャージ Tポイント1% なし
今後もPayPay利用特典でのPayPayボーナスはPayPay株式会社より進呈されますので、引き続きYahoo! JAPANカードでPayPayをお得にご利用いただけます。(2020年1月29日現在)
Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードは、PayPay利用特典の対象外、PayPay残高へのチャージも非対応となります。
nanaco
  新(2/1~)
nanacoクレジットチャージ Tポイント0.5% なし
■本変更の適用日
2020年2月1日(土) 0:00 ご利用分より(※)
※ 2020年2月1日(土) 0:00より前のご利用分でも、2020年2月1日(土) 0:00時点で弊社に売上情報が届いていないものは進呈の対象外となります。

 

引用終わり

 

2月1日よりnanacoチャージだけでなく、ペイペイチャージによるポイントも終了となってしまいました。

 

これで固定資産税、不動産取得税を支払う方法は、私が知っている限り現金以外不可となりました。

 

悲しいお知らせです・・・

 

 

公共料金はクレジット払いできるが・・・

 

電気料金などはクレジット払いに対応しているのでまだいいですが、固定資産税、不動産取得税などはこれで八方ふさがりとなりました。

 

結構大きい還元だったのですが、こればかりは致し方ありませんね。

 

 

まとめ

 

どうしても時代の流れというものがありますので、こういったものは常に変化していくものです。

 

また何かしら方法が出てくるかもしれませんのでそれに期待ですね!

 

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

自動リボ払いの怖さ【最初から設定されている可能性が!?】

f:id:ycfm:20200207122200j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回はクレジットカードのお話しをしたいと思います。

 

とても便利なクレジット払いですが、思わぬところに落とし穴があるものです。

 

 

目次

 

 

クレジットカードはとても便利

 

カード払いのメリットは、やはり便利な事と、還元ではないでしょうか?

 

小銭をレジでジャラジャラやっている人が未だにいますが、正直な所かなり迷惑ですし、そういったものもスマートになります。

 

また、使用する事で数%のポイントバックがあったりしますので、非常にお得感が強いです。

 

しかし、便利が故に管理能力が低い人は、使い過ぎてしまう傾向にあるようですので、そこは注意が必要です。

 

 

普通に一回払いだけを使っていれば現金と変わらない

 

カードを使う上で大事な事が、全部一回払いで済ます事です。

 

ボーナス払いもオススメしません。

 

ボーナス払いにしている時点で自分の余力以上の買い物をしている事を理解するべきです。

 

分割払いにすればローンと同じですので、金利がかかっていきます。

 

ましてリボ払い、キャッシングはもってのほかです。

 

一番の理由は金利がえげつないです

 

年利15%~18%というのも珍しくありません

 

この金利は100万借りていたら、一年間で15万~18万の金利がかかる事を意味します。

 

結構えげつない金額ですし、リボ払いだと元金支払いが進まず、金利ばかり払う事になりかねません。

 

絶対にやめるべきです。

 

 

カード加入時に自動リボ払いになっている可能性がある

 

では一回払いに全部しているから安心・・・というわけでもないです。

 

カード明細をきちんと見ている人は実は少ないのではないでしょうか?

 

カードを作る際に最初から自動リボ払いになっているケースが結構あるようです。

 

詐欺じゃん!と思うかもしれませんが、キチンと書いてありますのでそれを読んでいない証拠という事になります。

 

某カード会社ではポイントキャッシュバックキャンペーンをやっていたりして、それの引き換え条件が自動リボ払い加入だったり、小さい所に最初からチェックマークが入っており、あまりよく規約などを見ない人はそういった所を見落としがちです。

 

さらに明細を見なければずっと気が付かず、自分では一回払いをしているつもりが多額の利子を払っていて大損をしているというのを目にします

 

こういったものは特に入りやすいカードに多い気がします。

 

 

まとめ

 

お金が貯まるかどうかというのは、基本的に自己管理能力に尽きると思います。

 

このようなカラクリは世の中に結構ありますし、アプリなどのダウンロードも気軽にやる人が多いですが、こういった気軽なものには大体罠があると思ってみた方が良いと思っています

 

 

 

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

周りの目を気にしなくすれば生活は楽になる

f:id:ycfm:20200206112742j:plain

こんにちは。フミです。

 

普通に生活していると色々と周りの目が気になるものです。

 

しかしここにこそ、無駄の温床があると言っても過言ではありません。

 

 

目次

 

 

人は周りの目を気にする生き物

 

人はどうしても周りの目を気にする生き物です。

 

周りからの見栄えをとても気にしてしまいます。

 

その為、自分は望んでおらず、不要な物とわかっていても、無意識に周りの生活レベルに合わせてしまうものです

 

 

・食事会などで身分不相応なコース料理でも断れない

 

・周りが良い車に乗っていると、見栄を張って無理な車に乗る

 

・周りの家が庭をキレイにすれば、自分の自宅も庭を作り始める

 

・周りが着飾れば自分も着飾る

 

 

というように自分の意思というよりは、周りに合わせて生きている人が本当に多い気がします。

 

 

本当に必要な物は実は少ない

 

実の所、今の世の中は絶対に必要なものに対する支出割合というのは高くありません。

 

本当に必要なものというのは、

 

・食費

 

・光熱費

 

・最低限の服飾

 

・住まい

 

 

位なもので、それ以外の

 

スマホ

 

・自動車

 

・高級な住まい

 

・高級な家電

 

・立派な家具

 

・オシャレな服、時計

 

・娯楽

 

 

こういったものはすべてサービスと、生活レベルの向上の為のものであり、生きていくのに絶対に必要なものではありません。

 

実態としては、普段の支出の5割位はおそらくこういったサービス関係のものに支出しているのが現状と思われます。

 

 

 

周りに合わせたところで何も生まれない

 

しかし悲しい事に、こうして周りに合わせたからと言って何かメリットがあると言われればそんなこともなく、自分が思っているほど周りが自分を見ていない事がわかります。

 

ただ周りに合わせなければ、浮いた存在になる為、目立つ行為になる事は否定できません。

 

つまりこういった所を耐えられるかどうかが重要になってきます。

 

 

 

自分に本当に必要なものを知れば生活は楽になる

 

私自身感じるのが、独立すると毎日人に会うわけではないので、車を変えたり、服を変えたりしても特段気付かれる事もありません。

 

見栄を張っても周りが気が付いてくれなければ、見栄の張りようがありません。

 

そうなると如何に見栄を張る行為がいかにバカバカしい行為かという事がわかると思います。

 

周りを気にしなくなると驚くほど生活は楽になるものです。

 

 

まとめ

 

普段見ているテレビや関わっている人の環境で、自分の生活スタイルというのは決まってくるような気がします。

 

きちんと自分にとってどうなのか?そして本当に必要な物なのか?という事を見極める事ができれば、生き方も変わってくるのではないと思っています。

 

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

分離発注はオススメしない理由

f:id:ycfm:20200204113335j:plain

 

こんにちは、フミです。

 

今回はリフォームについて書きたいと思います。

 

不動産投資をしていれば、リフォーム作業は必要不可欠なものです。

 

管理会社さんにそういった面もすべてお願いしている場合は問題ないですが、これを自分で発注するとなると、色々と話が変わってきます。

 

 

目次

 

 

職人さんには得手不得手がある

 

職人さんによっては何でもできますという事を言う人もいますが、正直な所、かなりスキルに差がある事が多いです。

 

考えてみれば当然の事で、全てにおいてスペシャルな人など存在しません。

 

クロスが得意な人は大工工事は苦手だったり、大工工事が得意な人は塗装は嫌だったりと人それぞれです。

 

なのでまずここを理解しておく必要があります。

 

 

分離発注のメリット

 

これは得意分野に発注できることで、仕上がりが良くなる可能性があります。

 

また、費用としても幾分か抑える事ができるかもしれません。

 

 

分離発注のデメリット

 

これは何と言っても手間がかかる事です。

 

一番大変なのは、職人さんのスケジュール調整と、作業段取り、担当部門の区分けなどがトラブルになりやすい部分となります。

 

これらの理由により、工期は一気にやる工事よりも圧倒的に遅くなる傾向があります

 

 

多能工の人の方がありがたい

 

色々な側面から考えた場合、割と全体的にできる方の方が非常にありがたいという事になります。

 

特に中古物件の場合、やる事が多岐に渡る為、特定分野だけできる人では対応ができない事が多いです。

 

仕上がりや費用面ではもしかしたら不具合もあるかもしれませんが、私であれば、多能工の人の方が非常に経営視点で見てもメリットがあると思っています。

 

 

まとめ

 

特にサラリーマンと兼業でやられている場合には分離発注は現実的ではないと思います。

 

たくさんの職人さんと知り合いになれるのはメリットだとは思いますが、結果論的な部分で見れば、スピードや手間の面では多能工の方が有利だと感じます。

 

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

外装塗装っていくらかかるの?【業者によっては倍位の差がある】

 

f:id:ycfm:20200204110157j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

今回は外装塗装について書きたいと思います。

 

不動産投資をしていくと、避けて通れない大規模修繕ですが、実際はどのくらいかかるものなのでしょうか?

 

 

目次

 

 

10年経過するとやる必要が出てくる

 

一般的には大体10年周期位で塗り替えをしていくのがベストと言われています。

 

使われている塗料にもよりますが、大体10~15年位してくると徐々にくたびれた感じが出てきますし、塗装の剥がれ、チョーキング等の症状が出てきます。

 

このまま放置すると、外壁の防水能力が欠落してきて、雨水が浸入し、躯体に影響を及ぼすようになってきます。

 

 

シーリング打ち直しをするのがベスト

 

外装はただ塗ればOKというものでもありません。

 

確かに塗れば外壁の防水能力は復活するかもしれませんが、水の侵入経路はそこだけではありません。

 

危険なのが継ぎ目です。

 

こういった所のシーリングが劣化すると当然漏水の原因になります

 

業者選定をする時に、ここをきちんとやるのかどうかを見ておく事が大事です。

 

 

今まで一番高かった発注は?

 

何度か外壁修繕をしていますが、その中でも初期に実施した外装塗装が最もお金がかかりました。

 

価格差は2倍でした。

 

1K10室位の小ぶりなアパートでしたが、大体一棟あたり250万程かかりました

 

どういった発注方法だったかと言えば、その時にはまだ業者さんを知らない状態だったので、リフォーム会社経由で発注したのが一番の原因です。

 

そしてその間にもう一社入っていたため、2回ほど中抜きをされた後の金額となっていたのが最大の理由です

 

直発注であれば、120万ほどだったようです。

 

すべてのリフォーム会社さんがこうではありませんが、この時の会社さんは少々えげつなかったです。

 

ただ、今現在は単価も高騰していますし、きちんとした作業をするのであれば、木造2階建て1K10戸位の規模であれば、200万位は見ておいた方が良いと思います。

 

 

では直発注が一番なのか?

 

では直発注が一番ベストなのかと言われればこれも疑問が出ます。

 

リフォーム会社が間に入る事で良い事もありまして、その一番のメリットは面倒がない事です。

 

職人さんとのやりとりや現場確認などの手間が直発注は多くかかるのが一番のデメリットとなります。

 

正直な所、サラリーマンをしながらやるのは少々無理があると思っています。

 

独立した後であれば頑張れる範囲なので問題ないと思いますが、副業としてやっている状態だとなかなか現実的ではありません。

 

 

安いからベストというわけではない

 

世の中には安かろう悪かろうというものは山ほどあります。

 

価格重視をし過ぎるあまり、後で後悔する事もあります。

 

最初はなかなか見極めが難しいですが、何度かやりとりをしているとわかってくるものです。

 

最初の段階で聞けることと言えば、

 

・塗料はどういったものを使うのか

 

・何度塗りをするのか

 

・シーリング打ち直しはするのか

 

・鉄部のサビ取りはするのか(ケレン作業といいます)

 

・足場は自社の物なのか

 

・外注なのか、自社完結なのか

 

このくらいを聞いておくと多少安心かと思います。

 

 

まとめ

 

一番大事なのはまずその担当者と会ってみて、色々とお話しを聞く事が大事です。

 

話してみたりすればある程度の事はわかりますし、わからない事は聞けばいいだけの事です。

 

あまりにも価格重視にし過ぎるとただでさえ高額な外装塗装なのに、またすぐにやらなければいけないという事にもなりかねませんので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

若いうちにお金を貯めた方が圧倒的に有利

f:id:ycfm:20191104121706j:plain

 

こんにちは。フミです。

 

最近若い人たちもお金に対して非常に不安を抱えている人が多くなったように思います。

 

私が20代の頃は散財ばかりしていたため、そういった事に気が付くまでに非常に多くのロスがありました。

 

なので、逆に言えば、その若さを使わない手はないと思っています。

 

 

目次

 

 

若い時が一番資金を貯めやすい

 

意外かもしれませんが、若い時が恐らく一番お金を貯めやすい環境にあるのは間違いないと思います

 

確かに収入も低く、額面としては多くないのですが、実は年齢が上がり、所得が上れば、その分支出も多くなってきます。

 

結婚したり、子供が大きくなったり、家を買ったり、両親などの世話があったりと色々とイベントが多くなってきますので、収入が上がる分、支出も多くなります。

 

反面、若い時には体力も気力も充実していますし、独身の事も多いでしょう。

 

そうなれば、欲望にさえ負けなければ、それなりに貯められる状況にはなっていますし、ダブルワークだって可能なはずです。

 

 

20代の貯蓄平均はかなり低い

 

所得が低い時期なので、仕方がないのですが、20代の平均貯蓄額は100万少々と低めです。

 

しかし、中央値を見るとそれどころではなく、数万しかないというのが現状のようです。

 

 

逆にとらえればこの時期にそれなりの額を持っている人は、それだけアドバンテージを作る事ができます

 

 

毎月5万ずつ貯めれば5年で300万

 

若いうちだと100万貯金があったら頑張っている方だと言われるかもしれませんが、できれば300万は欲しい所です

 

若いうちにいっぱい遊ぶとか、誘惑も多いと思いますが、そういった所を信念を持って行けば達成できない額ではありません。

 

手取り20万だとして、5万は25%。

 

結構大きな額だとは思いますが、できない数字ではないはずです。

 

 

運用というのは時間の差が一番のキーポイント

 

運用していくならば、基本的に資金がなければ何もできません。

 

お金なきところにはお金は集まらないものです。

 

そして運用というのは時間がかかるものです。

 

早く始めれば始めるほど有利になります。

 

単純に30代でやる人よりも20代の方が10年のアドバンテージがあるわけです。

 

10年という月日は人と差をつけるには十分な時間だと思っています。

 

 

まとめ

 

給料安いのにそんなの無理だよ・・・という声も聞こえてきそうですが、そういった中で工夫したりしていく事が大切です。

 

若くして成功している人は、大抵若い時に頑張っているケースが多いです。

 

周りよりも頑張らなければ周りよりも成果は出るわけがありません。

 

 

 

ランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村