不動産投資・貯金・節約で富裕層1億円を目指すブログ

将来不安にならない為のお金の知恵、貯金の仕方、効果的な節約方法、不動産投資などでお金持ちになる方法を書いています。

生活を変えないでコストを下げる方法

 

 

 

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は生活をなるべく変えないでコストを下げる方法を紹介したいと思います。

 

現在不安定な世の中になっていますので、お金に対する意識が高まっているのではないでしょうか?

 

という事で今回はそんなテーマで書きたいと思います。

 

目次

 

 

土日祝日行動をやめる

 

人によっては難しいかもしれませんが、土日祝日行動を避ける事ができればかなりのコスト削減になります。

 

例えば旅行に行くにしても、宿泊コストが段違いに安いですし、交通費もかなりお得になったりします。

 

また、混雑も避けられますので時間の節約にもなります。

 

基本的に人が多く出るときには、価格が高いというのは需要と供給バランスの話になりますので、平日がお得なのは言うまでもありません。

 

 

格安スマホに乗り換える、またはプランの見直しをする

 

通信費は一番手っ取り早くコストを下げる事のできる一つです。

 

格安スマホに乗り換えてしまえば、基本的に普段通りの生活で大きくコストを下げる事ができます。

 

どうしても今のままが良いという人は、プランの見直しをすることをオススメします。

 

大抵の場合、無駄なものに加入しているものです。

 

 

電気のアンペア契約変更

 

自宅などの電気契約を下げてしまう方法もあります。

 

実の所、色々と節電の物を購入したところで下がる金額というのは微々たるものです。

 

それよりも大きいのは基本料金にあります。

 

LEDなどの節電が成功すれば、実質使用料は下がりますので、アンペア契約を下げる事ができます。

 

そうすれば何もしなくても毎月の支払料金は下がります。

 

 

年会費のかかるクレジットの解約

 

これに関してはポイントなどの話がありますので、何とも言えない部分もありますが、単純に年会費の掛かるカードは解約した方が通常はお得になります。

 

高額な年会費を払ってもお得になる人は、相当の額を使う人でなければその恩恵は受けられないと思います。

 

なので、基本的に無料のカードで還元率の高いカードを見つける方が良いと思っています。

 

 

保険の解約、見直し

 

保険料はかなりの高額を支払っている人が大勢います。

 

それだけ不安を抱えているのでしょうけれども、それによって使うかどうかもわからないものに多額の資金を流出させている事の方が危機感を持った方が賢明です。

 

 

車の任意保険も無駄にたくさん払っている人を良く見かけます。

 

車両保険は可能であれば外した方がいいですし、そもそもそんな高い車を買わなければいい話です。

 

生命保険に関しても独身なのに加入している意味がわかりません。

 

しかし、よく見かけます。

 

 

まとめ

 

今回ご紹介したのは基本的な生活レベルは落とさずにコスト削減できる方法をご紹介しました。

 

他にもたくさんできる事はありますので、色々と探してみると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

自己権利だけを主張する人【新卒の就活】

 

 

 

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

f:id:ycfm:20200514090653j:plain

こんにちは。フミです。

 

昨今のコロナウイルスの影響で、新卒の就活にも影響が出ているようです。

 

今までは売り手市場だったかもしれませんが、今後はどうなるかわかりません。

 

そんな中で私が以前採用をしていた時に感じた、こういったのはやめた方が良いと思う事を書きたいと思います。

 

目次

 

 

志望動機が微妙

 

真っ先に聞かれるのが志望動機だと思いますが、会社の事や、仕事の事を全然知らない人がいます。

 

この会社はどういった事業内容をやっているのか?という感じの事位は応募する前に普通はわかっているものです。

 

しかし、たまにいるのが何をしている会社なのか全く知らないという事があったりします。

 

恐らく待遇面だけを見てきたのだと思いますが、こういった人は採用してもかなり厳しい状況になるのが目に見えます。

 

なので最低限、何をしている会社なのか位は調べていくべきです。

 

 

自分の権利ばかりを主張する

 

恐らく最近だと、ライフワークバランスという言葉があるので、そういった権利を主張する人がいると思いますが、採用側からすると最悪です。

 

世の中的にはそういった風潮かもしれませんが、会社というのは利益を追求するものです。

 

であれば一生懸命働いて、成果を出してくれそうな人が好ましいわけです。

 

ですが、残業しません、これ以外はできません、休みはきっちり頂きます、といった主張を最初にやられてしまうと正直採用する気が失せてしまいます。

 

 

コミュニケーションが取れない

 

そして最も最悪なのが、コミュニケーションが取れない事です。

 

会話が成立しないというのは、あらゆる要素の中で最悪です。

 

基本的に仕事はコミュニケーションをとりながらやるものです。

 

まれにいらないものもあるかもしれませんが、それでも最低限はあるものです。

 

最近はネット文化が進みすぎた影響もあってか、会話をする人が極端に減っているような気がします。

 

メールでは本音で言えるが対面では難しいという傾向があります。

 

正直な所、それではやっていけないと思います。

 

 

子供の時から仕事の話をするべき

 

一番大事なのは子供の頃から仕事に対しての話題を積極的にしていくことだと思っています。

 

仕事は何をしたいのか?

 

仕事はどうやってやるものなのか?

 

どうやったら稼げるのか?

 

お金の仕組みはどうなっているのか?

 

食卓の中でも話せる話題はたくさんあるはずです。

 

ですが、基本的に日本人は子供にお金の話や仕事の話をすると、まだ早いと思う傾向があります。

 

では逆にいつ教えるのかと聞きたくなるくらいです。

 

学生は社会人になる前の訓練なのですから、遅いという事はないはずです。

 

 

まとめ

 

最近は売り手市場で仕事も寄り好んで選ぶ傾向がありますが、世の中そんなに甘くありませんし、そんな時代がいつまでも続くわけがありません。

 

どんどん自動化は進んでいくでしょうし、そうなればまた人材が不要になってくる時代が必ず来ます。

 

そうなれば不要な人間はいずれ居場所を失うのが世の摂理ですので、今の現状に甘えるのではなく、危機感を持って行動すべきだと思います。

 

 

 

 

 

売却などで取引が無くなった銀行の対応

 

 

 

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

f:id:ycfm:20200214145118j:plain

こんにちは。フミです。

 

物件を売却したりすると、その一物件しか取引がない銀行だった場合、取引が無くなってしまいます。

 

そのままでも問題はないですが、せっかくのお付き合いなので良い関係を継続したいですよね。

 

今回はそういったテーマで書きたいと思います。

 

目次

 

 

取引が無くなった銀行でも決算書を持っていく

 

割と重要です。

 

取引がなくなると、銀行側から決算書の提出を求められる事はなくなりますが、そこを敢えて持っていく事で、印象が変わる事があります。

 

そしていざという時にまとめて決算書を持っていくよりも、毎回継続的に提示しておけば、いざ融資依頼をしたときの日数が変わってくるものです。

 

今後もお付き合いしていきたいという気持ちの表れでもありますので、継続して取引したい場合にはオススメの方法です。

 

 

リフォームローンを受けておく

 

取引というのは大小ではなく、継続して返済を続けている事が大事になってきます。

 

それにより、信用が積み重なり、継続したお付き合いをしていると、長い顧客としてみているものです。

 

手っ取り早いのが、リフォームローンです。

 

不動産融資と違って、ハードルは格段に低いですし、無担保、低金利というのもよくあります。

 

なので、外装塗装、もしくはそれなりにお金がかかりそうなローンがあるのであれば現金で払わず、敢えて融資を使っておくというのも大事です。

 

 

車のローンを受けておく

 

事業もそれなりの規模で、利益もそれなりに出ていて安定しているのであれば、社用車を考えてもいいと思います。

 

注意点は、何でも経費になるからと、大した規模でもなく、利益も出ていないのにすぐ車を買う人がいますが、自殺行為なのでやめましょう。

 

ディーラーローンなどを使うくらいであれば、銀行融資を使った方が戦略的にも金利的にも優れています。

 

 

まとめ

 

小さい積み重ねかもしれませんが、こういった継続が信用の積み重ねとなり、良い取引ができる根底になります。

 

銀行というのは信用履歴が一番重要です。

 

なので関係が切れるとまた一からのスタートになってしまいますので、もったいないので色々と考えれば継続できることはあると思います。

 

 

 

退去した部屋でチェックした方が良い所【後々高額にならなくて済む】

f:id:ycfm:20200204113335j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は退去した部屋のチェックしておいた方が良い箇所を紹介したいと思います。

 

基本的に不動産屋さんが立ち合いをして下さると思いますので、その際に修繕箇所などをご提案されると思いますが、それプラス自分で見るのであればチェックした方が後々高額にならないで済む所をご紹介します。

 

 

目次

 

 

トイレのボールタップ

 

こちらはトイレ関係で代表的なトラブルの一つです。

 

ボールタップとはタンクに水をどの程度貯めるかを調整してくれる装置ですが、これが劣化すると水が止まり切らず、少しずつ水が出てしまいます。

 

正直一度水を流してみないとわからないケースも多く、入居後にクレームで修理という事になりやすい箇所です。

 

トイレ関係は外注すると結構高額になりやすいですが、事前にチェックして自分でやった場合は3000円程度で済みます。

 

 

水回りのパッキン、シャワーホースなどの劣化

 

こちらも水回りですが、パッキン関係は全体的に見ておいた方がいいです。

 

特に混合栓のコマパッキンやスピンドル関係は部品代は高くありませんが、外注するとそれなりの金額になる事が多いです。

 

また、シャワーホースのカビ、シャワーヘッドの劣化などの交換もチェックしておいた方が安く済みます。

 

安いものであれば2000円位で購入できます。

 

 

 照明などの電球、リモコンの電池

 

地味ではありますが、こちらも点灯しているからとほっておくと入居後すぐ切れたというクレームが入ります。

 

 

また、エアコン、ライトなどのリモコンの電池がすぐ切れたというクレームもありがちなので、一応見ておいた方がいいです。

 

 

火災報知器

 

古い物件だとよくあるのですが、電池切れになってアラームが鳴りっぱなしというケースです。

 

自分でやれば2000円位で済むものが、外注すればそれなりの金額になってしまいますので、退去チェックの際には10年以上経ってないか確認した方がいいです。

 

 

網戸の劣化

 

 

こちらも古い物件ではありがちですが、相当経過すると網がボロボロになります。

 

見た目では大丈夫そうでも、少し手で押したりしてみればすぐに破れます。

 

一応手で強度を確認しましょう。

 

 

ドアノブのがたつき

 

ドアノブも経過してくるとガタが発生します。

 

ですが、実は大半の場合、増し締めで直る事が多いです。

 

六角レンチとドライバーさえあればできてしまいます。

【できないタイプもあります】

 

ドララッチなどもスムーズに動くかどうかを確認しておくと尚良いと思います。

 

 

まとめ

 

ご紹介したのは、一見難しそうに思えるものが多いと思いますが、実はやってみるとそうでもない物が多いです。

 

今は動画などもありますので、トライしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

良さげな情報にすぐ飛びつく人は損をしやすい【情報に右往左往される人】

 

 

 

 

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200510194922p:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は情報に右往左往される人は損をするというテーマで書きたいと思います。

 

 

目次

 

 

良い情報であればすぐに実行した方が成功しやすいが・・・

 

確かに良い情報であれば、すぐに実行した方が良い結果が出る可能性があります。

 

しかし、そういった情報というのは、本当にごくわずかだと思ってください。

 

基本的に良い話が勝手に向こうから来ることはあり得ません。

 

なので、大抵そういった情報というのは人からの話がほとんどのはずなので、疑ってかかるくらいでちょうどいいくらいです。

 

 

なぜすぐに手を出さないほうがいいか?

 

これに関してはなかなか難しい所ではありますが、すぐに手を出すと火傷する可能性は極めて高いです。

 

一番の理由は、それについて詳しくないからです。

 

すでにそれについて精通していて、理解、対応ができるのであればまた話は違ってきますが、ほとんどの場合そうではないはずです。

 

なので、あまり詳しくないのにチャンスだ!と飛びついてしまうと、大体損をするというのがよくあるパターンなのです。

 

なのでやるのであれば、良く調べてからでも遅くはないはずです。

 

 

基本的に思慮深い方が失敗しない

 

ちょっと守り重視かもしれませんが、思慮深く行動した方が失敗は少ないです。

 

失敗する人の多くはあまり深く考えず、勢いとノリ、情報を持ってきた人を信じすぎる事で損をするケースが多いです。

 

自分でよく考えずに儲かるのであれば、みんな儲かっています

 

大枠だけでも自分で把握する位の気構えがないと、失敗の連続になるはずです。

 

 

コロナウイルス休業要請解除で交通量が増加

 

これも一つの情報ですが、休業要請になった県があります。

 

これはある一定期間新規の感染者が出なかったため、自粛は継続しつつも、営業を再開してもOKという意味です。

 

ですが、解除になった途端、交通量が急激に増えたように思います。

 

実際私も仕事で動いてはいますが、最小人数での要請をされているスーパーですら、大人数で来たりしているのを見かけます。

 

まだ治療方法がみつかったわけでもありませんし、自粛が解除になったわけでもありません。

 

これも一つの情報に飛びついたという内容になるかと思います。

 

 

まとめ

 

何事に関してもきちんと自分の頭で考えるというのは非常に大事な行為です。

 

ただ以外とこれができる人は多くないのが実情です。

 

何かを行動する時に、ちょっと立ち止まって、一旦考えるようにしてみると、日々の行動が変わってくるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

保険で貯金、運用は儲からない【貯蓄型保険は必要ない】

 

 

 

 

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20191117104336j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は保険などでの運用について書きたいと思います。

 

両親世代からのオススメで貯蓄型などに加入されている人も相当な数がいると思われますが、既にその時点で損をしている可能性が高いです。

 

 

目次

 

 

貯蓄型保険は損をする

 

大きく分けると、掛け捨てと貯蓄型という形に分類されると思いますが、真面目な人ほど貯蓄型に加入されているように思います。

 

何となく、掛け捨てと貯蓄型なら、ただ丸々損をしそうな掛け捨てよりも貯蓄型の方が良いという話になると思います。

 

しかし、結果的な数字の計算をしている人は多くないはずです。

 

というのもしていればそもそも貯蓄型に入る理由がないからです。

 

すべての保険を見たわけではないので断言はできませんが、かなりの確率で元本割れしているはずです。

 

私も何度か勧められたことがありますが、よくよく計算してみると結局損をしているケースが非常に多いです。

 

生命保険、火災保険などにも貯蓄型がありますが、満期になるころにはむしろ元本割れしていました。

 

これでは貯蓄型とは名ばかりである事がわかってしまいます。

 

 

保険は途中解約で損をする

 

ではさっさと解約してしまえばいいのかと言われれば一概にそうとも言い切れません。

 

なぜならほとんどの場合、途中解約は損をするからです。

 

基本的に保険というのは満期で解約するとそれなりの金額になって返ってくるというものがほとんどですが、途中解約をした場合、特殊な物でない限り損をするものです。

 

ですが、計算した上で解約した方が良いと判断するのであればそれもいいと思います。

 

 

保険の運用はどうなのか?

 

では運用目的の保険はどうなのかと言われれば、これも微妙と言わざるを得ません。

 

私も加入したことがありますし、現在も加入しているものもあります。

 

特にイマイチなのが元本保証型です。

 

これは元本は保証されるのですが、利益もほとんどないというのが実情です。

 

何十年もかけて1%~2%位付くようなものが多いですが、これであれば他で運用する事をお勧めします。

 

それでもお得になるならいいのでは?と思うと思いますが、こちらも途中解約が損をするシステムになっているので、いざ必要になったときに気軽には解約できないという八方ふさがりになってしまう可能性があります。

 

 

そもそもそこまで高額な保険は必要ない

 

個人的な意見にはなりますが、そもそもそこまで高額な保険は必要ないと思っています。

 

基本的に保険というのは保険屋さんが儲かるようにできています。

 

なのであまり必要ない時の保証は厚いですが、必要になった年齢になったときには保証がイマイチなものがほとんです。

 

また、そこにお金をかける位なら、その分別枠で貯金して備えておき、最低限入院保障位かけておけばいいのではないかと思っています。

 

基本的にみんな不安に駆られて保険に加入しているというのが実態ですが、むしろそこに心配をしてお金を投入する位なら、自分の生活習慣、食事、運動などを見直した方が賢明です。

 

 

まとめ

 

人は自分の不安を他に依存したくなる生き物です。

 

しかし、そこに儲け話があるというのもまた事実です。

 

基本的に不安を感じるものは商売になりやすいですので、情弱にならず、きちんと自分の目で判断していくことが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

要領の悪い人の特徴

 

 

 

 

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

f:id:ycfm:20200301100139j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は要領の悪い人の特徴について書きたいと思います。

 

非常にまじめなんだけど、なかなか思うようにいかない人も多いと思うので今回はこういったテーマです。

 

目次

 

 

細かい事を気にしすぎる

 

今それを気にしなくてもいいという場面があると思いますが、そういった時にでも細かい所を気にしている人がいるものです。

 

そういった方は、仕事のスピードも遅い傾向があります。

 

この原因は、優先順位をつけられていない事が原因です。

 

物事には限られた時間の中で進行させなければいけない場面が数多く存在します。

 

そんな状況の中で細かい事を気にしすぎる人は、結果提出が遅い、もしくは間に合わないという事態に陥ります。

 

また、そのプランを実行するにあたって、ストーリーを描けておらず、いきなり取り組む人も終わらない人が多いです。

 

仕事は段取り7分という言葉がありますが、本当にその通りだと思います。

 

 

自分のキャパを把握していない

 

要領が悪い人は、自分のキャパを超える仕事でも受けてしまう傾向があります。

 

原因は、自分の限界、能力を把握していない事にあります。

 

自分自身を理解していないと、どのくらいの処理能力があるのかが客観的に理解できていない為、結果苦労します。

 

自分がどれくらいの能力があるのかを見ておく事は大事な事です。

 

 

人に任せる事ができない

 

細かい事を気にする人というのは、一方で完璧主義な人である傾向があります。

 

職人気質の人も多いかもしれません。

 

その為、他人に任せる事はあまり得意ではなく、結局自分でやらないと気が済まない人が多いですし、自分の思った通りにいかないと気が済まない人もまた多いです。

 

しかし、大きな仕事や会社経営をしていくとなれば、仕事を振っていかないととてもではありませんが、良い仕事をすることは不可能です。

 

たまに人に任せられないんだよねと言っている人がいますが、こういった人は規模拡大は難しいのではないでしょうか。

 

 

物事を大局で見れない

 

要領の悪い人の最大の欠点はここだと思っています。

 

物事を大局で見る事ができなければ、物事の本質を理解する事は不可能です。

 

 

物を近くで見過ぎれば、それが何なのかはわかりません。

 

しかし、少し離れてみればそれが何なのかは見えるはずです。

 

そういった大局的な視点を持つことは必要です。

 

 

まとめ

 

物事を客観的に見れる人というのは、そういった広い視点を持つ事が出来ている人だと思っています。

 

しかし、視野が狭い人はその時の一時的な情報にも左右されがちです。

 

少し離れてみてみる事も大事ですね。

 

 

 

 

ネット依存していると会話力が下がる

 

 

 

 

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200506103916p:plain

 

こんにちは。フミです。

 

前回に続き、会話力の事について書きたいと思います。

 

前回は会話力=お金持ちに必要な能力という事を書きました。

 

 

目次

 

 

ネット依存していると会話力は下がる

 

最近ではスマホを持っていない人がほぼいないような状況になっていると思われますが、それに伴って、コミュニケーション能力が乏しい人も相当増えたように思います。

 

その証拠に、ラインやSNSでは普通に会話できるのに、いざ対面すると会話が成立しない人がかなり多いです。

 

その為、基本的に電話での会話を嫌がり、メールでのやりとりを好む傾向にあります。

 

プライベートではこれで全然問題ないと思いますが、社会人ともなると、これでは使い物になりません。

 

 

家族で出かけてもスマホに熱中している子供

 

子供の同級生などを見ていると、車で出かけても、学校の送迎をされていても、ずっと親子の会話もなく、イヤホンしてスマホを見ている子供を多く見かけます。

 

反抗期というのもあるかと思いますが、これはかなりヤバい傾向だと思います。

 

何のために一緒に行動しているのかわからなくなる気がします。

 

 

デートしていてもスマホを見ているカップ

 

カップルがデートしている姿も当然見かけますが、食事に行って何をしているかと思えば、お互いにスマホを見て過ごしているのをよく見かけます。

 

こうなるともはや何のために一緒の時間を過ごしているのかわからなくなってしまいます。

 

 

こういった障害は仕事に影響が出る

 

こういった影響は仕事をするようになると必ず影響が出ます。

 

まず人との会話が苦手意識を持つようになっているはずなので、会社内の人間ならまだいいですが、社外関係の取引先との交渉などといったものになると相当印象が悪いはずです。

 

恐らくそれどころか任せられないはずです。

 

会話力のない人は仕事において相当なハンデを背負っていると思います。

 

 

 

 

 

 

若年層の会話力が下がっている

 

偏見かもしれませんが、若年層の会話力は下がっているように思います。

 

みんなで集まっても、個人プレーでスマホいじりがほとんどの場所で見られる傾向なので、これでは集まる意味すらありません。

 

スマホがそんなに見たいならひとりの時にやってほしいと相手は思うのが普通です。

 

 

すべての年齢層で会話力は必須

 

今回のコロナショックで分かったと思いますが、人は人と会話をしなければ気がおかしくなっていく生き物です。

 

ネットがあれば生きていけると思っている人はちょっと浅はかだと思います。

 

年齢問わず、コミュニケーション能力は大事です。

 

 

まとめ

 

最近あまりにもネット依存が進行しているように思ったので今回こういったテーマで書かせて頂きましたが、それだけ会話というのは大事だと思っています。

 

文字だけでは伝わらない事がたくさんあります。

 

かといって一方的に話すのはタダの自分勝手ですので注意が必要です。

 

 

 

お金持ちになるには会話力

 

 

 

 

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200506101902p:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は会話力について書きたいと思います。

 

目次

 

 

お金を稼ぐためには会話力が必要

 

ほとんどの人はお金を稼ぎたいと思ったら高い学歴、特殊な能力、専門性の高い資格などを思い浮かべると思います。

 

確かにこれらもあった方が間違いなくいいですが、決定打にはなりません。

 

一番必要なスキルは、会話力です。

 

いわゆるコミュニケーション能力です。

 

これがないと、せっかくの才能も埋もれてしまう可能性があります。

 

 

稼いでいる人はトーク力が高い

 

偏見かもしれませんが、稼いでいる人を見てみるとトーク力が高い人が多い気がします。

 

特徴としては、喋るのが好きというわけではなく、むしろあまり話すのは得意じゃなかったり、人見知りだったりする人だったりしますが、トーク力は高いという人もいたりすることです。

 

つまり苦手でも克服した人も多いという事です。

 

基本的に会話力がなければ仕事になりません。

 

交渉、コミュニケーション、セミナー、教育、様々な所で会話というのは必要です。

 

つまりどれだけ能力が高くても、それをビジネスとして活用するためには、他の人に認めてもらわなければ何も始まらないという事を意味します。

 

 

独立するならコミュニケーション能力は必須

 

大きく稼ぐためには、独立する必要が出てきますが、その為にはコミュニケーション能力はかなり大事です。

 

仕事を得るにも、依頼するにも、交渉するにもすべてが会話です。

 

コミュ障でもできると思われているネット関係のお仕事もありますが、そんな中でも報酬を得るには契約やら交渉やらが必要なスキルです。

 

なので会話力は絶対に必要なスキルです。

 

 

トーク力をつけるなら営業職が一番

 

トーク力をつけたいと思うのであれば、営業職に就くのが一番です。

 

大勢の社員がいるデスクワークの仕事でもいいのでは?と思うかもしれませんが、それは単に協調性が高くなるだけで、コミュニケーション能力自体が高まるわけではありません。

 

知らない人と不特定多数接触する営業職だからこそ、会話力が試されます。

 

最初は相当苦労すると思いますが、相当鍛えられます。

 

独立してお金を稼ぐのであれば営業力は必要ですし、あまり必要とされていないように思える不動産投資でも以外と必要なスキルです。

 

 

まとめ

 

遠回りに感じるかもしれませんが、そういった必要なスキルがそろって始めて開花していくものだと思っています。

 

難関の資格を持っていたとしても、結局営業力、交渉力がなければ、それを使ってくれる所を見つける事ができないからです。

 

特定のものだけ持っていれば安全というのは神話だと思います。

 

 

 

 

 

見て覚えろは古い

 

 

 

 

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

f:id:ycfm:20200504185743j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は人に教えるときの事について書きたいと思います。

 

目次

 

 

見て覚えろは効率が悪すぎる

私が若い頃にはまだこの傾向がありましたが、

 

「仕事は見て覚えろ!」

 

的な事を言われ続けていました。

 

正直な所、見てもさっぱりわかりませんでした。

 

元々専門分野でもありませんし、言葉も業界用語のオンパレードで不明です。

 

こんな体育会系の事をしていても効率が悪いだけで、全然生産性が上がらないと思っていました。

 

 

初心者レベルまで視点を下げて教える事が大事

 

教えるのが下手な人にありがちなパターンが、相手の視点に合わせて話せない事にあります。

 

相手の性格、生きてきた時代、背景、知識レベル、コミュニケーション能力のレベルなど人それぞれ違います。

 

それに合わせて話してあげるだけで飲み込みのスピードが全然違います。

 

面倒に感じるかもしれませんが、結局そういった工夫が最終的に生産性を上げるコツになります。

 

 

目先の結果よりも長期視点

 

正直な所、人材育成というのは非常に時間がかかります。

 

会社に入社された人を教育して、それなりになるまでは最低でも半年から一年はかかると思います。

 

その間、目先のスピードや生産性は落ちるかもしれませんが、その分、将来的には掛け算で伸びていく状態になるはずです。

 

こういった部分は投資と似ているかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

新人さんの育成で困っている人をたまに目にするので、そういった時には相手に合わせて話しをするというのは基本です。

 

どうしても年齢差が出てくれば時代が違いますので、価値観が変わってきます。

 

そうなれば伝え方も変わりますので、今まで通りのやり方では伝わらないという状態になるものです。