不動産投資・貯金・節約で富裕層1億円を目指すブログ

将来不安にならない為のお金の知恵、貯金の仕方、効果的な節約方法、不動産投資などでお金持ちになる方法を書いています。

今のままでいいというのは本当に安全なのか?

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200126114234j:plain

こんにちは。フミです。

 

今年は雪が多くて色々とトラブルが多いですね~

 

でも私はまだいい方で、もっと雪国の人は大変な状況なので、事故だけは起こさないように気を付けてほしいです。

 

 

さて今回は現状維持について書きたいと思います。

 

 

今のままでいい、多くは望まないという意見を言う人が結構多いように感じてます。

 

 

基本的に人は変化を嫌う生き物なのでその気持ちはわからなくはないですが、実はその現状維持というのが個人的には最も危ない橋だと思っています。

 

 

安月給だけど、今生活はできているし、贅沢をするつもりもないから今のままでいいんだという人はかなり多いと思いますが、あくまで

 

 

今は

 

 

それで生計を立てられているだけです。

 

 

特に若い人にこの言葉を使う人が多いように感じますが、若いうちはお金がなくても何とかなったりするものです。

 

食事面でも安いファーストフードなどで済ませれば確かに安いですし、生活費も極限まで抑えれば何とかなるかもしれません。

 

しかし年齢を重ねていけば、健康面、体力面において劣化が始まりますので、同じ支出というわけにはいかなくなります。

 

そして責任を持ちたくないからと、仕事で頑張らないでいると最終的に今の給与すら維持できなくなる可能性すらあります。

 

 

つまり今のままでいいという人は、今しか見ていないとも言えます。

 

 

現状維持を望んだ瞬間、成長は止まります。

 

それ以上には当然なりませんし、後は下がる一方です。

 

 

以前誰かに言われた言葉ですが、

 

 

人生は緩い下りのエスカレーターだ

 

 

と教えられた事があります。

 

緩いので最低限歩いていれば現状維持、駆け足以上でやっとちょっと成長できるという意味です。

 

 

つまり止まったら下落に一直線になるという事です。

 

 

あまり欲を出すと卑しく見えるかもしれませんが、やりたい事がある、たどり着きたい所があるという希望はいつも持っておいて損はないと思います。

スキルを高めるなら経験するしかない

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200504185743j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回はスキルについて書きたいと思います。

 

 

たまに言われる事があるのですが、そんなことまで出来て凄いですねと言われたりすることがあります。

 

私としては全くそんなことは思ってなく、むしろ周りの皆さんに比べるとガッカリする位能力が低いと感じています(-_-;)

 

しかし第三者から見るとそう見えるみたいです。

 

 

これらに関して言うならば、スキルは経験したこと以外では身に付かないという事が感覚でわかっています。

 

 

例えばリフォームとかも最初は全くわかりませんでした。

 

見積もり来てもチンプンカンプンです(笑)

 

なので現場で職人さんと一緒に入って経験をさせて頂きました。

 

もちろんできる事は限られていますが、見た事、聞いた事、やった事などの経験が今に至っています。

 

 

数字関係に関しても全くの独学です。

 

簿記なども全く分かりません(笑)

 

しかし、決算書を見て何がどういいのかダメなのか、損益を見てどういう状況なのか、その内訳はどうなのか位はわかりますし、説明もできます。

 

これも収益予測を立てる上で必要だったから自分で確定申告をした経験、自分でシミュレーションを作った経験、事業計画を作った経験などで身に付いたものです。

 

なので自分がわかりやすい資料を作っただけで専門的な知識などあろうはずもありません。

 

 

不動産投資についても同じです。

 

毎回見て経験を積んで、色々な人から話を聞いたり、調べたりする事で経験を積んだだけです。

 

 

恐らくですが、こういった事を人任せにしなかったのが良かったのだと思います。

 

 

最初から税理士に外注すれば何も成長しませんし、リフォームも外注すれば完成して払うだけです。

 

基本的にわからないで発注するのとわかって発注するのとでは雲泥の差があると思っています。

 

 

苦手だからやらないという精神では何も身に付きませんし、聞いてもわからないと思います。

 

自分でトコトン調べて経験を積む以外に成長する術はないと断言できます。

起業したら儲かる?

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200514090653j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は起業について書きたいと思います。

 

 

儲けたいから起業を考えているという事をたまに耳にする事がありますが、結果から言うと起業したから儲かるわけではありません。

 

 

実際起業する事自体は難しくありません。

 

会社なら法人を作る手続きをすれば社長になれますし、個人事業であれば税務署に届け出をすれば始められます。

 

書類だけで終わりです。

 

 

しかしそこから儲けを出すとなると非常に大変です。

 

 

サラリーマンをしている時は、よほどの事がなければ毎月大体決まった額が給与して振り込まれます。

 

なので生計を立てやすいですし、年末調整も会社がしてくれますので確定申告もしなくても大丈夫です。

 

その為、税務、経理などに詳しくなくても安定した給与を頂く事ができます。

 

ある意味一番安定しています。

 

 

起業した場合はそうはいきません。

 

 

収入よりも経費が大きければ赤字、資金力がなければ即倒産です。

 

 

その為、新規法人の7割が一年で姿を消します。

 

10年続けられる会社は2割位しかいないと言われています。

 

 

一番の原因は思うような売上が立てられず、利益が出ず、資金ショートする事です。

 

なので普通は軌道に乗るまで社長はかなり苦しい状態が続くものです。

 

給与も貰ってなかったりする位です。

 

 

その位儲けを出すというのは大変な事だという事です。

 

 

難しい資格を取ればもうかると思っている人も未だ一定数いるようですが、あくまで資格は権利を得たに過ぎず、そこからは商売のセンスが問われます。

 

最初は余裕がないですから経理、雑務、応対、現場、営業などすべて社長一人でこなす事も珍しくありません。

 

マルチプレーヤーにならざるを得ないのです。

 

 

もし起業すれば儲かるんでしょというような軽い気持ちでやろうとしているならば、一度考えを改めた方がいいと思います。

水道管凍結

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200111203810j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は水道管凍結について書きたいと思います。

 

 

最近の大寒波で所有しているアパートで水道管の凍結に悩まされています^^;

 

普段凍ったりしない所でも発生しているので、入居者さんがそもそも凍結対策をする習慣が無かったりしますので対応が大変になったりしてしまいます。

 

その位今回の寒波はキツイという事ですね。

 

 

水道管は凍結すると、膨張して破裂する可能性がありますので、破裂するとまた厄介な事になりますので、なるべく避けたい所ではあります。

 

 

対策としては、

 

・水抜きをする

 

・凍結防止のヒーターは必ず入れる

 

・水を少しだけ出しておく

 

こういったこまめな対応が大事です。

 

 

たまにいるのですが、給湯器の凍結防止用のヒーターを電気代がもったいないと抜く人がいます

 

 

これは本当に迷惑ですし、凍ってからでは遅いのでやめてほしい行動の一つです。

 

 

それでも凍ってしまう場合がありますが、その一つとして、基礎からの水道管立ち上がりの所が冷風が当たってしまうため凍るという事があります。

 

その場合は基礎付近にある通気口を一時的に断熱材などでふさぐと効果があるようです。

 

今回普通の対策をしても凍ってしまった物件があったのでそれらはすべて通気口をふさいできました^^;

 

 

不動産投資を始めてからこんなことは初めての経験ですが、なかなか厄介なものです。

 

 

凍結には注意が必要です。

明けましておめでとうございます

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20191104112229j:plain

あけましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

結構やっている人も多いと思いますが、年末年始は新しい目標と振り返りをするにはとてもいいタイミングだと思っています。

 

元旦は一年の始まりともいいますので、お正月は目標設定をする時間を作ってほしいと思います。

 

 

私の今年の目標は、決めかねている所もありますが今の所

 

・所有戸数は150室以上をキープ【売却があったとしても】

 

・昨年リフォームが完了した物件の満室化

 

自己資本の改善で基盤強化【資産、資金、収入すべて良好にする】

 

・体重、体脂肪のキープ、健康維持

 

は最低限やろうと思っています。

 

 

何かしら新しい事もしてみたいとも思っていますが、きちんと戦略を立てて、勝算ありきでやるべきだとも考えています。

 

時代の流れ的にも内部留保は絶対に必要だと感じていますが、やったことのない事へのチャレンジも必要です。

 

 

人間満足するとそこで止まってしまいます。

 

 

40代の年ではありますが、変わらず進み続けたいと思います。

コンビニコーヒーとカフェコーヒー

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20191104122337j:plain

こんにちは。フミです。

 

年末に差し掛かり、町も結構混んできました。

 

なので段々と出かけるのが億劫になってきている今日この頃です(笑)

 

 

今回はちょっとけち臭いテーマではありますが、コンビニとカフェのコーヒーの差について書きたいと思います。

 

 

 出かけたりしたとき、仕事の合間などでコーヒーを飲みたくなるケースは多いですが、どこを利用している事が多いでしょうか?

 

私は以前はスーパーなどでのペットボトルコーヒーをよく利用していたのですが、最近はコンビニの100円コーヒーが結構おいしいと思っているので良く利用しています。

 

当然カフェのコーヒーも飲んだことはありますが、私の味覚ではそこまで大きな差は感じる事ができませんでした。

 

もちろんインスタントとドリップでは全然違うのはわかります。

 

コンビニのコーヒーと、ホテルでの1000円以上するコーヒー、カフェの500円するコーヒー色々飲んできましたが、正直差がわかりませんでした。

 

ではこの価格差は何かと言えば、場所と環境代だと思っています。

 

打ち合わせの環境、トークする環境、そういった事にふさわしい場所を提供している対価だと思っています。

 

 

なのでそう思えば全然問題なく使うのですが、昨今の環境により、テイクアウトが多くなりましたが、カフェ珈琲をテイクアウトしてまで飲むのは、もはやお金を捨てているようなものではないかと考えています。

 

 

たしかにメニューも豊富ですし、カップもオシャレ、テンションも上がるかもしれません。

 

 

正直大半の人はおいしさよりもそこのコーヒーを飲んでいる事でのステータス、つまり見栄を張っているのと同じではないかと感じています。

 

そして意外とそういう人に限ってお金がなかったりするものです。

 

 

非常にけち臭い内容かもしれませんが、こういった所からジワジワと差がついてくるのが資産形成ですので、年末年始を迎えますが、一度自分との見直しをするにはいい機会だと思います。

2020年もそろそろ終わります

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200126114234j:plain

こんにちは。フミです。

 

今年2020年もあとわずかで終わりますが、今年は皆さんどんな年だったでしょうか?

 

コロナウイルスという予想外のアクシデントもあり、世の中が激変したようにも感じましたし、今後もこの変化した状態が続いていく、もしくはそれがベーシックになっていくのではないかとすら思うようになりました。

 

まだしばらくこういった状態が続くと思いますし、今までの当たり前が当たり前ではなくなるような気がしています。

 

 

今年を振り返ってみると、コロナ影響という事もあり、仕事と健康管理をしっかりしようとやってきました。

 

 

その結果、

 

・78kgほどあった体重は69kgまで減量、体脂肪率は23%から18%に減少

 

・あまり買わないと言っていた年でしたが、結局8棟購入(小ぶりなもの(笑))

 

・新規取引先が増加

 

・新規金融機関が増加

 

・自粛期間が多かったのでセルフリフォーム増大

 

・社用車入替

 

といった感じでずっと仕事と健康管理ばかりしていたような年でした(笑)

 

そして皮肉な事に集中して仕事をしていたせいか、結構色々やっていた年でもありました(笑)

 

 

現在40歳ですが、40までにある程度の形にするという事を決めてやってきていましたが、それなりの状態にはなったと思います。

 

 

なぜ30代のうちに突っ走ろうと思ったかと言えば、ぶっちゃけ何となくです(笑)

 

ただ、実際40歳になってみると、20代、30代と比べてやはり体力的な低下は否めません。

 

体もケガをすると治りにくくなっていますし、無理が効かなくなってきているのは何となくわかります。

 

なので突っ走るなら勢いのある30代のうちだと思っていました。

 

 

40代になったからと言って、何もしないわけではありませんし、結局やってしまう色々やってしまう性分ですので何かしらやっていると思いますが、やはり頑張るなら早い方が良いと思っています。

 

 

来年からはどんな世の中になっているかわかりませんが、

 

・会社の基盤を固める事

 

・空室を作らず回していく事

 

・健康管理をしっかりする事

 

はしっかり継続していきたいと思っています。

 

 

年末年始は目標設定と振り返りにはいい機会ですので、ぜひやってみると良いかと思います。

住宅ローンを組むと詰む理由

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200417092516j:plain

こんにちは。フミです。

 

今回は住宅ローンについて書きたいと思います。

 

 

かなり極端な言い方ではありますが、個人的に普通のサラリーマンをしていて住宅をフルローン、もしくはオーバーローンで借りて建てると詰むと思っています。

 

こういう事を書くと、結構批判を浴びそうな感じがしますが^^;

 

 

最近では着工数が減少傾向にあるというニュースもありますが、それでも毎年かなりの数が着工しています。

 

それだけ住宅を建てる人が多いという事です。

 

 

最近は建築単価の上昇などで郊外であっても結構な額を出さないと満足できるような物ができなくなってきています。

 

その為、住宅ローンもどんどん長くなり、フラット35は当たり前、50年ローンなんかもあったりするくらいです。

 

たしかに新築はいいですし、夢のマイホームですし、結婚したら拠点を作りたくなる気持ちもわかります。

 

 

しかし投資家目線から見たら、住宅購入を最初にやってしまうと詰むと考えています。

 

 

いくつか理由がありますが、まず返済完了年齢を考えてみてほしいと思います。

 

 

35歳でローンを組めば、返済完了は70歳です。

 

それまで毎月確実に返済を実行し、大きな病気もなく働き続けやっと終わるという年月です。

 

人生かけていると言っても過言ではないと思います。

 

まず無事にそこまで働ける保証もありません。

 

 

そして35年後はその地域がどうなっているかわからないという事です。

 

少子高齢化の時代ですし、コンパクトシティ化を推進しているようです。

 

そういった事を考えれば、その場所が生活可能地域かどうかはわからないのが本音です。

 

しかし住宅ローンを組むという事はそこに足かせを付けられているようなものですので身動きが取れなくなります。

 

 

そして最近多いのが共担です。

 

年収があまり高くない状態でローンを組むと、金額が伸びず、奥さんとの共同担保になるケースが結構多いです。

 

しかし、昨今の離婚状況を考えると離婚した後揉めている事が非常に多いと耳にします。

 

その為には売却してしまうのが一番なのですが、基本的に買った値段から大きく下がるのが普通ですので、残債に届かない為、売却できないというケースがあります。

 

 

こういったものが非常に多いですので、住宅を買うにしても頭金を貯めてから買うとか、返済期間を短くするという事をしておく事が非常に大事です。

なぜ宝くじに群がるのか?

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20191206200344p:plain

こんにちは。フミです。

 

そろそろ年末も近づいてきましたが、この時期になると年末宝くじなどのCMが目に入るようになります。

 

 

そうするとここは当たりが出たという売り場には列ができていたり、今年はいくら買うとか、みんなでお金を出し合って買ったりしているケースを見かけた事もあります。

 

そして当たったら何を買うとか何に使うという話題で盛り上がっているケースに出くわしたことが何度もあります。

 

なぜ宝くじを買うのかという質問をしたことがありますが、

 

 

夢を買っている

 

 

という返答が返ってきました。

 

 

私は宝くじを一度も買った事がありませんし、ギャンブルもやりません。

 

会社の同僚に無理やりやらされたことが一度あったくらいです。

 

宝くじを買うからお前も一緒に投資しろと言われたこともありますが、即断りました。

 

 

断言できますが、宝くじでお金持ちにはなれません。

 

そしてギャンブルは投機であり、投資ではありません。

 

 

世の中の成功者たちは、基本的にそういったギャンブルで儲かったりしていませんし、そもそも運任せの人任せのような確率の低い事をやったりしないものです。

 

また、あぶく銭とはよく言ったものですが、万が一当選して大金が入っても身の破滅を呼ぶことになります。

 

理由はまだそのお金を保有するステージにいないからです。

 

 

人には段階というものがあります。

 

私の勝手な持論ですが、お金の使い方、知識を付ける→お金を稼ぐという順番でいかないと大体破綻するなという印象です。

 

使い方も知らない人が大金を持てば、ほぼ浪費に使う事は目に見えています。

 

また、大金があれば銀行や営業マンなどに多く声を掛けられる事でしょう。

 

その時に知識がなければ対抗できないものです。

 

そうしてジワジワと追い詰められていくものだと思っています。

 

 

もし宝くじで一発大逆転を狙っているなら、私は考え直すべきだと思います。

なぜ融資が出ない?【不動産投資の収入に手を付けてはいけない】

 

 

 

 

  

 

  

最初にランキングクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:ycfm:20200214140258j:plain

こんにちは。フミです。

 

不動産投資をして、ある程度買う事が出来たという人は多いと思います。

 

 

しかし1~3棟位までは買えても、それから先に進まないという人も相当な数います。

 

 

これらの原因のほとんどは融資が付かない事です。

 

 

銀行側から事業として収支が回っておらず、体力もない為、これ以上融資をするのは難しいという事をよく耳にします。

 

 

これらの原因の一つに、せっかく生み出したCFを他の事に使ってしまっているという事が挙げられます。

 

 

基本的に不動産収入から得られたキャッシュは最初から使うべきではありません。

 

 

ですが人によってはそれに手を付けてしまうケースがあります。

 

 

特にダメなのが収益を生まない物に使ってしまっているケースです。

 

 

投資家という視点から見ると一番やってはいけないケースですが、ちょっとCFが入るようになると、社用車を買ったり、交際費が多くなったり、過剰リフォームをしてみたりと、最初の資金力がない状態ではやらない方が良い事をやったりしています。

 

 

経費になるからいいと思っている傾向がありますが、これこそ追加融資が受けられない最大の原因だと思っています。

 

 

オーナー側から見れば経費を増やせば納税額が減るからいいという視点があると思いますが、第三者から見れば、規模の割に利益の出ていない会社は要注意と見るのが普通です。

 

その内訳が納得できるものであればまだいいですが、まだ1棟2棟の状態でそれをやってしまうと、事業として上手く回っていないと判断されます。

 

なので最初の内は全力で利益を追うべきなのです。

 

不動産投資はその特性上、金融機関とは切っても切れない関係にありますが、なぜかそこに苦手意識を持っている人が少なくありません。

 

これは数字に対しての苦手意識がある事に他ならないと思います。

 

 

規模を拡大していきたいという気持ちがあるのであれば、基本的に空室を頑張って埋める努力をする、セルフリフォームなどをして経費を抑える、無駄なことにお金を使わないといったシビアな事を継続してやっていかないと、連続した増収増益には結びつきません。

 

 

今年も数棟購入しましたが、決算書と事業内容が良ければ金融機関は無下に扱ったりはしませんし、新規銀行でも融資をして頂く事はできました。

 

これはやはりポイントを押さえ、しっかりとした信念のもとに継続した運営を続けていれば評価はしてもらえるという事だと思っています。

 

 

正直不動産投資を始めてサラリーマンを辞めるまでにCFに手を付けた事は一度たりともありませんし、やめたその後も3年位は使ったりした記憶はありません。

 

間もなく10年目ですが、やっと以前よりは少しだけ経費を出す事に抵抗がなくなってきましたが、未だに貧乏性気質は抜けていません。

 

でも逆に言えばそれが自分の長所だとおもってやっておりますので、その成果が決算書に出ているだけだと思っています。

 

 

 

投資にウルトラCはありません。

 

地道な積み重ねと時間の経過なくして成果は出ないと思っています。